2015
08.29

ビアバーの味「牛スジの黒ビール煮込み」お店よりおいしい♪「澪」と楽しむパーティーレシピ

Category:


ご訪問ありがとうございます。
今回は安くておいしくてお酒好きの男性に喜ばれる「牛スジ」のレシピです。
脂分があるのでカロリーが高めかな?と思いますが、何よりコラーゲンたっぷり♪
アンチエイジングと言う言葉に取りつかれている最近には必須栄養素です(笑)

このメニュー、少し前にサッポロのビアホールに行っておいしかったメニューなんです。
何となく自分でも作れそうかな?と思ったのでチャレンジ。
黒ビールの苦みでお酒が進む♪
牛スジはとてもお得な部位でもあるのでたくさん作るおもてなしメニューにもピッタリです。

付け合せはお好みで。お店ではフレンチフライが添えてありましたが、少しでもカロリーダウンにと、我が家ではベイクドポテトです。












☆牛スジの黒ビール煮込み

・1人分約280kcal(付け合せをのぞく)

 【材料 2人分】
◆牛スジ(アキレスなどでも)・・・300g(縮むので多め)
◆長ねぎの青い部分、しょうがのスライス、にんにく・・・各少々
◆たまねぎ・・・1/2個
◆バター・・・5g
◆塩・・・小さじ1/2
◆砂糖・・・小さじ1
◆ローリエ・・・2枚
◆黒ビール・・・1/2缶
◆水・・・適量
◆デミグラスソース・・・大さじ2~3

お好みでホールトマトなどを入れても。
使用するビールが1/2缶と半端なので倍量作って冷凍するのがおすすめです。
そのまま温めなおせば食べられますし、2週間くらい保存できます。

 【作りかた】
①牛スジはたっぷりの沸騰した湯に入れて10分くらい下茹でしてざるにあげ、ぬるま湯で脂を洗い流す。
②牛スジを鍋に戻してたっぷりの水、ねぎ、しょうが、にんにくを入れて火にかけ、沸騰したら弱火で1時間くらい、好みのやわらかさになるまで煮込む。(圧力鍋で20~30分加熱してもOK)煮込んだスープはおいしいだしが出ているので捨てずにフォーやクッパに使います。
③たまねぎを薄くスライスしてバターで炒め、しんなりしてきたら塩と砂糖を加えてあめ色に近くなるまで中火で炒める。塩と砂糖の効果で長時間炒めなくてもあっという間にあめ色になります。焦げに注意。
④たまねぎと牛スジをひと口大に切って厚手の鍋(ふたの重いル・クルーゼなどがおすすめ、我が家ではグリル用のダッチオーブンを使用)に入れて黒ビールを注ぎ、ひたひたになるまで水を加えてローリエ、デミグラスソースも入れてふたをして火にかけ、沸いてきたら弱火に落とす。
⑤40分~1時間、牛スジが好みのやわらかさになるまで煮込み、水分が多すぎるようなら少し強火で煮詰めて(底が焦げるので絶えず混ぜながら)出来上がり。

このソースがまたほろ苦くておいしいので、野菜だけでなくカリッと焼いたバゲットなども合うと思います。ダイエッターじゃなければやりたかった(笑)













ダイエッターで思い出しましたが、今カロリー制限以外あんまり頑張ってません。
ですが、旅行以降ちょっと運動の方はさぼりがちでも体重は49kgになりそうです。
炭水化物はなるべく1日1食、お昼はごはんの前にサラダを食べて、夜も食事の全体量の6割以上は野菜になるようにしています。ほぼ野菜だけの時もあります。
最初は52kgから50kgに落として、さらに2kg落とす予定でした。
体重を気にすると言うよりもウエストが細くなればいいのでまぁ目安ではありますが。
いちおうハタチぐらいのころに買ったデニムがするんと履けるので今のところ順調かな。
涼しくなってきたし、また頑張りたいと思います。
久しぶりにバランスボールに乗ったら腹筋が早くも筋肉痛になりそう(笑)
バランスボールは本当に優秀です。
食事以外座っているときは乗ってます。おすすめ♪




おいしくダイエット






 レシピブログ(おつまみカテゴリ)に登録しています。
 
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/86-6937480b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top