2012
05.02

塩釜ローストビーフ

Category:
こんばんは。昨日は秩父に水汲みに行ってきたら、
ちょうど芝桜のシーズンで、道がとっても混んでました。
 
見事らしいんですけど、混むのは…です。
 
 
 
 
 
牛モモ肉のかたまりが安かったので、何を作ろうかな?と。
 
考えた結果、簡単にできるローストビーフに。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
☆フレーバーソルトで簡単塩釜ロ-ストビーフ☆
 
 
クレイジーソルトやマジックソルトなどの、
ハーブや野菜がが入ったお塩を使って、香味野菜いらず。
 
 
作りやすい分量(だいたい2人分)
 
★牛モモかたまり肉・・・300g程度
(厚みが5センチ以上あるもの)
 
★卵白・・・・・1/2個分程度
 
★フレーバーソルト・・・・・小さじ1程度
(クレイジーソルト、マジックソルトなど)
 
★塩(精製塩など安いもの)・・・たくさん
 
 
卵白にフレーバーソルトを加え、もったりして
生地のようになるまで塩を加えながら混ぜます。
(かなりの量の塩を使います)
 
アルミホイルの上に1センチくらいの厚さに敷き、
お肉を置いて、残りで全体を包み込むように塗ります。
 
 
250℃のオーブンかトースターで10分ほど焼き、
塩釜が色づいたら取り出して、しばらく放置しておきます。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
ちょっと取り出すときに崩れてしまいました。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
我が家は生肉好きなので、あまり長い時間焼かず、
放置プレイも短めに、粗熱が取れたら塩釜を外します。
 
ミディアム以上がお好きな方は、15分ほど焼き、
アルミホイルでしっかりくるんで放置しておくと、柔らかく火が通ります。
 
 
フレーバー塩で、いい味が付くんですが、
 
しっかり塩を落とさないと、かなりしょっぱくなります。
 
ワインとかで軽く洗った方がよかったかも。
 
また次回頑張ります。
 
 
 
 
 
 
 
白ワインにはさっぱりとこちらを。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
☆お醤油カプレーゼ☆
 
塩でなく、お気に入りのお醤油屋さんの生醤油でいただきました。
 
トマトとレモンとお醤油の組み合わせが好きなので、
レモンを絞り、モッツァレラとオリーブオイルともお醤油、合いますよね。
 
 
 
 
 
 
 
ビールのアテは、走りのカツオで簡単に。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
☆薬味たっぷりのお刺身☆
 
鰹はたたきもお刺身も薬味たっぷりでサラダ感覚で食べるのが好きです。
 
 
先日実家に寄ったとき、晩ご飯の支度をしてたところだったんですが、
やっぱりたっぷりの玉ねぎの上にカツオが乗り、
さらに山盛りの万能ネギが乗ってました。
 
 
 
自分の料理のルーツって、母親ですよね~。
 
料理しないお母さんの子って、味を受け継げなくてかわいそう。
 
私には子供はいないけど、実家の母、主人の母、
両方とも料理が上手で、ホント恵まれてるんだな~、
と思います。
 
 
最近主人の実家でご飯をご馳走になってないので、
たまには甘えに行こうかな~、と思います。
 
番地は違いますが、同じ敷地に住んでるので、
「いつでも機会があるし」となってしまい、
逆に30分かかる私の実家のほうが
行く機会が多くなってしまってます。
 
 
はっ!これじゃダンナの実家に行きたがらない、
仲の良くない嫁姑みたいになっちゃうぞ!
 
 
同じ敷地内に住むくらいなので、とっても仲良しですよ~。
 
 
 
 
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 
クリックしていただけると励みになります
 
 
 
 
 
 
 
実はデグーブログもひそかにやっております
 
 もしもお暇と興味がありましたら、のぞいてやってください。
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/620-e09aef02
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top