2015
11.28

簡単煮るだけ「白菜と鮭の白子のクリーム煮」下ごしらえ不要、お鍋一つでできるレシピ。

Category: 野菜の料理


今回は旬の白菜と安くておいしい鮭の白子を使ったレシピです。
タラの白子よりお得なので我が家ではよく登場します。
和風に煮つけてもおいしいですし、フリットや唐揚げでも。
どう料理してもおいしい食材ですが、煮込み料理もおすすめです。

ご訪問ありがとうございます。
私は専業主婦なのでそんなに時間に追われることはないのですが、慌てることもあります。
理由は編み物なんですが(笑)時間を忘れてしまうんですよね~。
このレシピはホワイトソースも作らず、白子を別にソテーしたり、ということも無し。
お鍋に入れておけばできてしまうので、その間にほかのお料理を作ったりできます。
忙しい方はぜひ。しかも安上がりです。

レシピブログに登録しています。
 
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)
いつもありがとうございます!












☆白菜と鮭の白子のクリーム煮

・1人分約180kcal

【材量 2人分】

◆白菜・・・2~3枚
◆ほうれん草・・・2~3束
*白菜を多くしてほうれん草は入れなくてもOK。
◆鮭の白子・・・150~180gくらい
◆牛乳・・・300ccくらい
◆顆粒コンソメ・・・小さじ1
*キューブなら1個
◆塩、胡椒(あればホワイトペッパー)・・・少々
<A>
○塩・・・小さじ1/4
○薄力粉・・・小さじ2
○GABANエルブ・ド・プロバンス・・・少々

【作りかた】

①白菜とほうれん草はざく切りにする。白子は筋を取り、一口大に切る。

②鍋に白菜、牛乳、コンソメを入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして煮込む。

③白菜が柔らかくなったら白子に<A>をまぶして加え、5分ほど煮込む。

④ほうれん草を加えてひと煮立ちさせ、塩、胡椒で味を調える。

お鍋ひとつでできちゃった~。
味はもちろんそんな手抜きレシピとは思えません♪











そのほかの鮭の白子を使ったレシピもよかったら見てくださいね。




クリーミーな口当たりの白子はやっぱりクリーム系の味付けととっても合いますね。
レモンを加えることで少しさっぱり目になって、お酒が進みます♪





フリット衣を一から作るのももちろんおいしいですが、面倒な時は天ぷら粉で。
水ではなく、炭酸水やビールで作るとよりカリふわさっくりな食感になります。




最近すっかり冬になりましたよね。
人間はまだ夜に床暖を一番弱くつけるくらいなんですが。
毛皮を着ている我が子たち(デグー)はうさ暖(パネルヒーター)完備です。
なんでそんなに寒がりなんだろうってくらい寒がりです。
ケージの戸を開けるとダッシュで手に乗ってきたり服の中に入ったり。

そんな我が子は昨日爆笑する姿になってました。




なんだこれ?つぶれた泥饅頭みたいだ~と、写真を撮りながら笑いが止まりません。
主人にも見せたら大爆笑。



あ、出てきた。笑いすぎで手ぶれ補正機能も間に合わないくらいブレた(笑)
ささげはちょっと太めなのでお肉がスエットの襟に乗っちゃってます。




もっと出てきた。毛がおかしくなってるし(笑)
もう笑いすぎておなか痛~い!
ささげは笑われていることに気付いているのか、単にうるさいと思っているのか、不満顔。
そのあいだもう1匹のあずきはおうちのなかでもっしゃもっしゃとご飯のチモシー(牧草)を食べていました。


先ほどフィギュアスケートを見ていたんですが、すごかったですね~。
羽生選手が新記録を出したとか。
フィギュアマニアではないうえに羽生選手が好きなわけでもないので詳しくはわかりませんが、彼が滑走しているときって見入ってしまうんですよね。
それだけ表現力が素晴らしいってことなんでしょうか(あくまでも素人目線です)。
スポーツは見ていて楽しいですね。
やるのは無理だけど(笑)



おいしくダイエット







関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/6-6d6c734c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top