2015
10.04

10分で飲める「赤ワイン鍋、鴨と牛肉の切り落としで」赤ワインが余ったらぜひ。

Category:


今回は赤ワインをだし代わりに使った鍋料理です。
とにかく簡単、すぐに作れます。
濃厚なうま味があるのでお肉は赤ワインに合うものなら何でも。
牛肉はもちろんのこと、今回は鴨も。安いものでOKです。
あればラムが最高に合います。
野菜もなんでもOK。なるべく味の濃いものを。
鴨とネギの相性は抜群ですし、以前TVで鴨と大量のネギのお鍋を見たことがあるんです。
おいしそうだった~♪

ご訪問ありがとうございます。
先日、義母がお買い物に行った帰りに差し入れしてくれた食料品の中に「鴨スライス鍋用」
が入ってたので、どんなお鍋にしようかな~、と。
和風のお醤油ベースが定番ですが、赤ワインに合わせたかったので。
赤ワインをだし代わりにしました。
出来ればその日飲む予定のワインを使います。
かならず合いますからね♪




☆鴨と牛肉の赤ワイン鍋

【材料 2人分】
◆牛切り落とし肉(またはしゃぶしゃぶ用)・・・お好みの量
◆鴨スライス肉・・・お好みの量
◆ねぎ・・・1本
◆ごぼう・・・1/2本~1本
◆三つ葉・・・1束
◆赤ワイン・・・300cc
◆顆粒コンソメ・・・小さじ1
◆醤油・・・適量

*赤ワインがそんなにない!という場合は同量の水を加えてもOKです。

【作りかた】
①鍋に赤ワインを入れて火にかけ、沸騰させてアルコールを飛ばす。
*火が付くことがあるので注意!
②火を止めた後にコンソメと醤油を加えて味を調える。そのまま食べられるくらいの濃さにしてもいいですし、あとからたれをつけるために薄めにしてもOK。
③ごぼうはささがきにしてさっと茹でる。ねぎは斜め薄切りに、三つ葉は適当な長さに切る。

あとは普通のお鍋やしゃぶしゃぶと同じようにいただきます。
薬味等はお好みで。ただし辛すぎるものはワインと合わせると余計に辛くなるのでご注意を。




その他の赤ワインを使ったお料理も見てくださいね。





魚介類のお料理ですが、赤ワインと合います。
ピノ・ノワールかガメイ(ボージョレ・ヌーヴォー)が相性良しでした。





じっくり煮込んでとろけるような口当たりの牛すね肉がおいしいです。
おもてなしやアニバーサリーディナーにもおすすめ。




新しいレシピモニターに当選しました。
今回はソースです。



うまソースとトマトのうまソースです。
だしの旨味がたっぷりだそうで、使うのが楽しみ。
ブルドック製品は化学調味料無添加なところも好きです。
ソースと言えば関西の方はよく使いますよね。
夏の神戸旅行の帰りに大阪のスーパーに寄ったらすごい商品数で棚を占める比率もハンパじゃなくて、夫婦で大興奮した記憶があります(笑)
東京生まれは、ソースはウスターか中濃で、お好み焼きも焼きそばもたこ焼きもフライも同じものを使うんですが、あちらは全部専用のがあってそんなに使うの~?とびっくりでした。

今回のモニターは自分のレシピではなく、有名ブロガーの「山本ゆり」さんのレシピを作って投稿するみたいです。
山本ゆりさんの文章、面白くて好きです♪





おいしくダイエット





 レシピブログ(おつまみカテゴリ)に登録しています。
 
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)

いつもありがとうございます!

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/55-2aa35ca0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top