2014
07.24

スパイシーなカレームニエル

Category:
こんばんは、さっきゲリラ豪雨のようなものすごい雨で、家じゅうのサッシを閉めに走りました。
ぼーっとしてたら、2階の寝室の床が…^^;


今日も、モニター当選以来、お気に入りの「ハウスプライムジャワカレー」で。


【ビールにぴったり♪スパイシーおつまみレシピ参加中】





☆スパイシーなカレームニエル

ちょっと焼き色が・・・ですが、焦げたわけではありません^^

 【材料 2人分】

◆ヒラメなどの白身魚の切り身・・・2切れ(300g)
◆塩・・・ふたつまみ
◆小麦粉(薄力粉)・・・小さじ1
◆ハウスプライムジャワカレー<中辛>・・・ひとかけ
◆バター・・・100gほど
◆白ワイン・・・大さじ2ほど

◆レモンのスライス・・・2枚
◆茹でた枝豆、とうもろこし(軸から外したもの)

 【作り方】

1、白身魚の切り身は塩を振ってキッチンペーパーに挟み、10分ほど置く。
2、カレールウを細かくほぐし、ポリ袋などで小麦粉と混ぜておく。
3、1の水気を拭き取り、2に入れてポンポンはたきながら全体にまぶす。
4、フライパンにバターを熱し、溶けたら中弱火で表面を2~3分ゆすりながら、
  焦げないように焼き色を付ける。
5、ひっくり返して弱火に落とし、白ワインを注いでふたをして水分が飛ぶまで
  (5分くらい)加熱する。
6、仕上げにレモンを乗せる。


*付け合せの枝豆ととうもろこしはフレーバーソルト(なければ塩、胡椒)とワインビネガーでマリネしたものです。
ムニエルがしっかりした味なので、マリネにはオイルを使いませんでした。





枝豆やらとうもろこしやら、夏野菜を頂く機会が多いのですが、自分でもつい道の駅などで見つけるとおいしそうで買ってしまいます。
四季のある日本人で良かった、と季節の野菜を食べると思います。


こちらも頂き物。




☆坊ちゃんカボチャのチーズキッシュ

私は生のままカットしてしまいますが、その後レンジ加熱するので、それから切った方が安全ですね(出刃包丁で3針縫うけがをしたという前科あり)




断面ショー。
カボチャは少しくりぬいてあります。
くりぬいた部分はたまねぎのみじん切りと一緒に塩、胡椒、マヨネーズで合えてサラダにして、今日のお弁当にしました。

坊ちゃんカボチャ1個に卵一個、牛乳100ccくらいでしょうか。
我が家では生クリームは使いません。
買ってくるのが面倒なだけ^^




昨日の晩、驚愕の「トムとジェリー」が開演してました。





ヒィィィィ!!!

あずき!食べられるよ~~~!

網戸にして、部屋んぽさせていたら、気付かないうちに近所のニャン吉(仮称)が。
てゆーか、あずきも完全な及び腰のくせに、怖いもの見たさで近づいていくから…

あずきとささげを収納し、シャッターを閉店ガラガラした次第です。

主人は「網戸あるし、大丈夫だよ~^^」とのんき。
それは分かるけど、この画像怖いもん!

そのごリビングの方から覗いてきたニャン吉をかまい、アレルギーで顔が腫れたのでした。
動物病院、行けないじゃん…










 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)





スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/435-8b842797
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top