2014
07.26

きのこの塩レモンガーリックソテー

Category:
こんばんは。今日も暑かったですね。
ビールがおいしそうです。


【ビールにぴったり♪スパイシーおつまみレシピ参加中】





☆きのこの塩レモンガーリックソテー

あらびきガーリックをたっぷり使ってビールにぴったり、塩レモンで夏にぴったり。

 【材料 2人分】

◆きのこ3種類ほど(今回はエリンギ、しめじ、しいたけ)・・・180g
◆オリーブオイル・・・大さじ1
◆塩レモン・・・小さじ1/2
◆GABANあらびきガーリック・・・小さじ1/4
◆胡椒・・・少々
◆パセリ

 【作り方】

1、きのこは火の通りが均一になるように切る。
  (エリンギ、しいたけはスライス、しめじは石づきを取ってほぐしました)
2、フライパンにオリーブオイルを熱し、きのこを炒める。
3、しんなりしてきたら塩レモン、あらびきガーリック、こしょうを加えて混ぜる。
4、刻んだパセリを振りかける。

*冷ましてサラダに乗せたり、パスタにからめてもおいしいと思います。







こう暑いとやっぱりさっぱりしたものが食べたくなります。




いつもは豚小間で作る片栗粉をまぶした冷しゃぶを、鶏のむね肉で作りました。

オンブバッタに食い荒らされて穴だらけの大葉、育ちすぎて花が咲いてきたみょうがをたっぷり添えて、よりさっぱりと。

タレは実家で母が作っていたころから変わらず、刻んだねぎ、ごまに醤油、酢、ラー油を加えたものです。
ワインには辛いものが合わせにくいので、ごま油に変えたりもしています。

鶏肉だとさっぱりしておいしいですが、やっぱり小さなころから食べ慣れている、豚小間で作ったのが一番おいしかったりして^^

やっぱり母親って偉大ですね。




今日は床下収納の掃除を兼ねて、冬に仕込んだ味噌をチェックしました。
きちんと密閉していてもカビが出やすいとのことで、恐る恐る見てみたら。




水気を取るために敷き詰めていた経木(天ぷらなどの下に敷く木を薄く削ったもの)とふちに多少カビがありましたが、思ったより大丈夫で一安心。
これは重石、経木、カビを取り除いたあとです。

カビの部分をきれいに取って消毒すればいいので、泡盛登場。
アルコール度数が高いので、しょうがの甘酢漬け、漬物容器の消毒に活躍します。

容器の周りを泡盛できれいに拭いて、最後に味噌の表面にも泡盛を吹き付けておきました。

これでまた経木とラップで密閉して、重石を乗せて、またラップをして、新聞紙でさらに蓋をして、その上から漬物容器のふたを乗せて、またしばらく熟成しておきます。

手間暇かかりますが、そういうものはおいしい。
梅干しだって自分で漬けたものは一味違いますし。
せっかく専業主婦をさせてもらってるので、ゆっくりじっくり時間のかかるものも作っていきたいと思っています。









 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)






スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/433-40ae5faf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top