2015
10.19

「手作りベーコンに初挑戦」じっくり時間をかけて。スパイスを使ったハロウィンレシピ

Category: お肉の料理


今回は難しくはないですが時間のかかる自家製ベーコンのレシピです。
モニターで頂いたオールスパイスを使って。
自家製のベーコンは香りが違います。
市販のもののように発色剤を使っていないので、少し色はくすんでいますが安心安全。
もちろん味も全然違います。
燻製器がないとできないお料理ですが、使わなくなった大型の鍋があれば代用できます。
おもてなしの時に出したらきっと驚かれます。

ご訪問ありがとうございます。
父の影響でビーフジャーキーから始まり、自分で燻製を作るのが好きです。
ベーコンもずっと作ってみたくて。
難しいことはないのですがなんとなく敬遠していました。
今回一念発起(というほどの事でもない)して初チャレンジ。
初めてにしてはなかなかの仕上がりだと思います。












☆手作りベーコン

【材料 作りやすい分量】
◆豚バラかたまり肉・・・400g(お好みの量でOK)
◆塩・・・大さじ1弱(肉の5%くらい)
◆砂糖・・・少々
◆ローリエ・・・2枚
◆胡椒(パウダー)・・・少々
◆GABANオールスパイス・・・少々

その他脱水シート、燻製器、スモークチップ

【作りかた】
①豚肉は流水でよく洗い、キッチンペーパなどでよく水分を拭き取る。
②アルコールスプレーを全体に噴きかけ(なければ焼酎)、フォークなどで全体をまんべんなくさして味が染み込みやすくする。
③豚肉と調味料全てをファスナー付きポリ袋に入れてよく揉み込み、豚肉と同じくらいの重さの重石をして4~5日冷蔵庫で寝かせる。1日1回裏返す。
④流水で15分ほど塩抜きをし、脱水シートにくるんで1~2日冷蔵庫で余分な水分を抜く。
⑤燻製器にスモークチップを熱し、40~60℃をキープしながら5時間くらい温燻にかける。途中でチップが燃え尽きてしまった場合は追加する。脱水シートを使わない場合はさらに時間を長くする。温度が高すぎると焼き豚になってしまうので注意。
⑤取りだしてラップなどできっちりくるみ(すきまがあると冷蔵庫中がスモークの香りに)冷蔵庫でひと晩寝かせて煙臭さを抜く。

出来立てはそのままでも食べられるそうですが、なにせ素人の作ったものなので、味見に作ったその日そのまま食べてみましたが、翌日は焼きました。
添加物が一切入ってないので、市販のものよりお肉感が強くておいしいです♪
義父母にも味見をしてもらったので、評判が良ければもっとたくさん、ボージョレ・ヌーヴォーの時にでもまた作ってみたいと思います。
主人が5リットルの樽を予約してきたので(笑)、義父母と母を呼んでヌーヴォーパーティーをする予定です。
それでもなくならないと思うので、おうち宴会かなぁ。












その他のベーコンを使ったレシピも良かったら見てくださいね。




切って並べてあとはオーブン任せ。
時間がない時や面倒な時に便利なレシピです。
カボチャがたくさん食べられてワインも進みます。





朝ごはんにも、ワインにも合います。
生のマッシュルームはこっくりした味と食感でとてもおいしいんですよ♪




今日から長野県の松本に1泊で旅行に来ています。
なのでこの記事は予約投稿。
主人がホテルの近くの長野の郷土料理が食べられるお店を予約してくれたので楽しみ♪
信州や甲州の赤身の馬刺しが大好きなのでもちろんのこと、地元ならではの色々な部位が食べられるのもいいですよね♪
郷土料理のお店なので、蜂の子とかもあるんだとか!
主人は食べたことがあるので食べたい、と言ってますが、私は多分視界に入れるのも無理(笑)
食べものはけっこう何でも、いわゆるゲテ物と言われるものでも平気なんですが、唯一イナゴや鉢の子などの虫はダメなんです。
さて、どんなおいしいものが食べられるかな。




おいしくダイエット








 レシピブログ(おつまみカテゴリ)に登録しています。
 
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)

いつもありがとうございます!

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/42-6e2c27cd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top