2014
08.18

しょうがとにんにく香る♪セロリとちくわの塩炒め

Category:
おはようございます。高校球児が頑張っているので、私も元気いっぱいがんばらないと!と言うことで、レシピモニターのしょうが&にんにくですぐにできる簡単な炒め物を作りました。

ささっと出来ちゃうので、火を使うとはいえ夏でもOKです。


【しょうが・にんにく・胡麻大活躍!手間ナシ♪夏の時短レシピ】参加中♪




☆セロリとちくわの塩炒め

しょうがとにんにくの旨味で、シンプルな調味料でもおいしく仕上がります。
味付けするものは基本的にすべて合わせておくので、すぐにできます。

 【材料 2人分】

◆セロリの葉・・・2本分(またはセロリ1本)
◆生きくらげ(茹でたもの)・・・50g
◆ちくわ・・・2本(100g)
◆サラダ油・・・適量(大さじ1程度)
◆ハウス特選本香り生しょうが・・・小さじ1/2
◆ハウス特選本香り生にんにく・・・小さじ1/4
◇塩・・・小さじ1/6
◇顆粒鶏がらスープ(中華だし)・・・小さじ1/2
◇酒・・・小さじ1
◇片栗粉・・・小さじ1
◇水・・・50cc
◆ごま油・・・適量

 【作りかた】

①◇印の調味料をすべて合わせておく。
②セロリの葉は繊維に垂直に太めの千切りに、ちくわはスライス、生きくらげは食べやすい大きさに切る。
 (セロリは茎も入れる場合は斜め薄切りにする)
③サラダ油を熱し、しょうが、にんにくを中火で炒めて香りが出てきたら強火にして②を加え、さっと炒める。
④①を入れてとろみがつくまで加熱し、仕上げにごま油を加えて香りづけする。

*生のきくらげがない場合は5gほどの乾燥きくらげを戻したものを使います。
 最近は道の駅で見かけるので、手に入りやすいと思います。 
 ちなみに八王子や高尾は有名みたいです。






このセロリを道の駅で購入した時、レジの方に「これは葉っぱもすごく柔らかくておいしいから、捨てないで刻んで炒めて食べてね。」とアドバイスをいただいたんですが、私、そんなに料理ができないように見えるんだろうか…

昔から木酢液を「飲み物じゃないからね」と言われたり、「つみれが作れるの?」と魚屋さんで驚かれたり、「米の研ぎ方も知らなそう」と言われたりしてましたが。

若いうちはいいんです。出来なそうに見えても。
でも、いくら今は歳より若く見えても30代でそれはまずいんじゃないかと。

セロリの葉っぱ、捨てたことないですし、ねぎの青い部分もきちんと使い切ります(涙)
なんだろう、苦労してない感みたいなのが出てるんだろうか…
(実際してませんが)
出刃で指を切るくらいお料理はしてるのに(号泣)

昨日もボウリング場で久しぶりに合った方にどうしたの?と聞かれたから、お盆前(主人の夏休み前)で片付けないといけないことがたくさんあったから忙しくて、私も主婦だから、と言ったら、「そうは見えない、いつでも来れる(フリーター的な)感じがするよ~」って返されましたし。

老けたくはありませんが、ちょっと年相応の落ち着きを身に付けねば、と思う今日この頃です。











レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)





スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/413-727922e9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top