2014
09.04

カフェ風♪鮭のチーズクリーム煮

Category:
こんばんは。今日は朝からバタバタしていたので、ブログができませんでした。
昨日、義母とお買い物に行った際、鮭の切り身がたくさん売っていたので、COOKPADで結構つくれぽをいただいているお料理を久しぶりに作りました。




☆鮭とキャベツのチーズクリーム煮

何を間違えたのか、今回とろみがあまりつきませんでしたが、COOKPADの方ではきちんととろみがついた画像です。

 【材料 2人分】
◆生鮭(切り身)・・・2切れ
◆キャベツ・・・3枚ほど
◆ピザ用チーズ・・・50g
◆牛乳・・・1カップ(200cc)
◆バター・・・10g
◆薄力粉・・・適量(大さじ1ほど)
◆塩、胡椒・・・適宜

詳しい作りかたはこちら→COOKPAD

・キャベツは先に固めに茹でて水分を飛ばしておきます。
・鮭に塩胡椒して、薄力粉は多めに振るのがソースにとろみをつけます。
・バターで鮭をソテーし、両面焼き色が付いたら牛乳を注いで煮込みます。
・チーズは最後に入れることで分離するのを防ぎます。



新物の鮭と言えばいくら。
いくらと言えばこの時期は自家製です。





添加物なし、お醤油多めなので、色は茶色めですが、とてもおいしいです。
昔から父方の実家では「魚河岸(築地)で買ってきた」はらこでいくらを漬けていました。
なので私のやり方も父直伝。
はらこをばらすときは水ではなく、ちょっと熱いくらいのお湯でほぐします。
つけだれは甘みの少ない、お酒の煮切ったものに醤油、みりんはほんの気持ち程度。

主人の今日のお弁当はチーズクリーム煮に使った新物の鮭と、この自家製いくらの親子丼でした。
なんて贅沢♪
いや、作るのは楽ですけどね^^
鮭焼いて、錦糸卵焼いて、小鉢代わりのひじきと大根の皮(切り干し大根の代わり)の煮物とお味噌汁作って、くらい。
いくらは業務スーパーで購入している使い捨てのプラスチックカップに入れて、それだけ冷蔵庫に入れられるようにしています。
醤油の国のおじさん(主人)は冷やごはんが好きなので、保温(保冷)のお弁当箱は嫌だと言うもんで。




今日は朝起きようとしたら主人に、「ヘチマ(棚ごと)落ちてるよ」と。
ヘチマなめちゃいかんです。滅茶苦茶重くなるので補強しておいたのにもかかわらず2階のベランダから吊るしてあるのが取れてました。
我が家は現在2カ所に分けて8株育てていますが、ものすっごいカーテンになってるので、相当重いと思います。
今日落ちたのとは別の方が先日の台風で落下したので本当に気をつけていたつもりだったんですけどね
2階に吊るすのはもう無理なので(重すぎて)、アレンジしたので後日紹介します。

ま、今日は何もないし、あとでどうにかすんべ、と、コーヒーを飲みながらデグーと戯れようとしたら、ささげの目が開いてない!
よく見たら右目が目ヤニでふさがってる…
濡れたティッシュでそーっとそーっと拭いたら、まぶたの裏が真っ赤だし腫れてるし新たな目ヤニが出てくるしでヤバい~~~!!!
ということで、急いで昨年骨折でお世話になった動物病院に行って見てもらったら、腫瘍などではなく、結膜炎でしょう、と。
片目が開かないのは可可哀想だけど、大きな病気じゃなくて良かった。




寝てるみたいに閉じちゃってます。
目薬を処方してもらったので、したあとはしばらく開いてるんですが、ヤニで固まっちゃうのか、今日はほとんど片目で生活しています。
命に係わる大ごとではないので、治るまでは「デグ眼流ささ宗」と呼ばれることになっているささちゃんです。                        食欲もあるし、他にも変なところはないので特に心配はいらないそうですが、日曜日にもう一度病院に行くまでは少し不安です。        

と、言うわけで、今日は体力的にも精神的にも疲れたので、この辺で失礼します。









 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)






スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/398-eb4e97d8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top