2014
09.11

忙しい日は手抜きで。まぐろのステーキ

Category:
こんばんは。昨日は主人が休みを取れたので、お出かけしてきました。
なので、おつまみは簡単に。
頂きものの葉しょうがと枝豆を出して、白ワインのおつまみはこれまた頂きもののマグロを使って。




☆まぐろのステーキ

ちょっとイタリアの牛肉料理、タリアータ風になりました。

・マグロ150gくらいはサクのままハーブソルト少々を振って、オリーブオイルで表面だけ焼き色を付けます。
・冷めたらスライスして、ベビーリーフと盛りつけました。
・ソースはわさび小さじ1/2くらいにマヨネーズ大さじ1くらい、うすくち醤油、レモン(または水)を加えてスプーンから落ちる程度のゆるさにしてかけます。

10分もあればできてしまうので、来客時になんかちょっと足りないな~、なんていうときにも便利です。
おうち宴会の時は、こういう簡単にできてしまうものを何品か混ぜて胡麻化しています^^

GABANのドライハーブを使った、簡単ハーブソルトの記事はこちら



メインも簡単に。とにかくさっさと飲みたい、お出かけした日です^^




おろしポン酢で食べる肉野菜炒めではありません。
子供のころのおうち焼き肉は、牛薄切り肉と野菜を別々に炒めておろしポン酢でいただくものでした。

先日母と出かけた時に、私の作るのはなんだか物足りない、という話をしていたら、「バターで炒めなきゃおいしくないのよ」と言われ、やっと足りない物に気付いたんです。
今まではさっぱりさせないと、とサラダ油で炒めていましたが、「バターでコクを出して、それをポン酢で食べるからおいしいのよ」と。
見た目はただの肉野菜炒めのようで、奥が深いぜ、実家の味。

主人に、「今まであなたが作ってたのは何だったんだろうね(前のがまずかったわけではなく)」と言われるくらいバターひとつで味が全然違ってびっくりでした。

やっぱり母親って偉大。
母も義母も料理が上手で、私も主人も普通の食卓のおいしいものを食べて育ってきたんだなぁ、と、大人になって実感します。
今の私の味覚は親のおかげですもんね。
面倒でも市販品を使わず、ほとんどのものを手作りしていた母に、いまさらながら感謝です。




昨日は高速を使わず、茨城県まで行ってきました。
いや~、早起きは三文の得。ガソリンは使いますが、高速代がかからないって、すごくお得な感じがします(どんだけ高速使ってたんだ、って話)

一度行ってとてもおいしかった、桜川市(旧真壁町?)のペンギンと言う、昔「愛の貧乏脱出大作戦」というTV番組に出たお店に行ってきました。
こちらの修行先のお店や他にも何件かレアで頂ける俵型ハンバーグのお店に行ったことがありますが、こちらがお肉の脂の入り方、挽き具合、ソース含めたすべての点で一番好きです。




ウッドストックのように波型のグリルではないので焼き目は普通のハンバーグ。
ミディアムがお勧めだそうですが、生肉大好き(ひつこいわ)なので、主人も私もレアでお願いしました。
カットした後ナフキンでくるんで蒸すので、中が生でもふんわり。
鉄板がアツアツなので、ちょっとお行儀悪いですが、いつも半分は食べるまでライスのお皿に避難させます(どんだけ生肉好き)

ランチのセットで季節のサラダ(ちょこっと前菜も乗ってます)に140gのハンバーグ、ライスorパンにドリンクで¥1500(税抜き)ほど。
お肉は和牛なので、かなりお得だと思います。

サイズはいろいろ選べるので、朝ごはんを食べてなければ200gくらい行きたかったな~!

ちょっと遠いけど、また行きたいな、と思います。

その後、隣の栃木の真岡の気になるスポットに行って、道の駅に寄りつつ帰ってきました。












 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)






スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/392-78721fd5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top