2014
12.18

ハーブの香りのBBQチキン

Category:
こんばんは。今日はもう寒くて寒くて、でした。
ビーフジャーキーを仕込んでいます。あっという間に乾燥できそう♪
今日もレシピモニターで頂いたスパイスで、骨付きチキンを簡単にパーティーに合うお料理に仕上げました。

私は水炊き用のぶつ切りのお肉を使いましたが、ローストチキン用の大きなものでも、普通のもも肉でももちろんおいしく作ることができます。
骨付きの場合は骨の重さを考えて多め、骨なしの場合は少なめで。



☆ハーブの香りのBBQチキン
 【材料 2人分】
◆骨付き鶏もも肉(ぶつ切り、水炊き用)・・・300
◇塩、はちみつ・・・各小さじ1/2
◇GABANタイム・・・5~6振り
◇チリパウダー、ガーリックパウダー、ブラックペッパー・・・各少々
◇たまねぎのすりおろし・・・大さじ1くらい
◇ケチャップ、ソース・・・各小さじ1
◇醤油(または焼き肉のたれ)・・・小さじ2
◆レモンのスライス・・お好みの量
 【作りかた】
①鶏のぶつ切り肉は骨に沿って切り込みを入れ、火を通りやすくします。

before

骨は真ん中に縦に入っています。
包丁の面を骨に当たるように反対の面でお肉を切っていきます。

After

こんな感じで骨が真ん中にあるのが分かります。
これでもOKですが、大きいので私は半分に切りました。

②◇印の調味料をすべて合わせ、鶏肉に揉み込んで上にレモンスライスを乗せ、1時間以上漬け込みます。



お肉の入っていたパックを有効活用♪
レモンは必ず国産のものを使います。

③オーブンかトースターの天板にアルミホイルを敷き、漬け汁ごと鶏肉を入れて250℃で15分~20分(オーブンの場合は予熱して)ほど焼きます。



レモンも一緒に焼いてしまえば、甘くないママレードのようでお肉の付け合せにおいしくいただけます。

後ろのマッシュルームのピンチョスは、生のマッシュルームとミニトマトを串に刺して、昨日のハーブドレッシングをかけただけ。
とてもおいしい、生食向きのマッシュルームを西武で試食させていただいてマッシュルーム観が変わってしまうほどでした。





先ほど録りだめていた今週の「マッサン」を見て、号泣でした。
普段泣ける系を見ても鼻で笑うような冷血漢の我が家なんですが、涙するポイントが一緒なんですね。
その方がお互いを「ものすごい人でなし」とか、「くだらないことで泣きすぎ」とか思わなくていいのかもしれないです。
NHKの朝の連ドラにハマったのは初めて(そもそも連ドラを見ない)ですが待ち遠しくてたまりません。
そして、いま我が家で食後酒になっているのは「山崎」。
つくづくミーハーだと思います^^



クリスマスケーキ お取り寄せ




レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/307-fae95c91
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top