2015
01.07

あんかけ七草粥&京都幕末めぐり

Category: 旅行
こんばんは。今日は七草の日なので、我が家も朝からおかゆを炊きました。
時間はかかりますが、やっぱりお米から炊いたおかゆっておいしいですね。

主人は普通の七草粥にしましたが、私は色々アレンジもしてみたいので今年はおだしのきいたあんをかけてみました。



おだしの香りと七草のさっぱりが合う~♪
きちんとだしを取らずに白だしで手抜きしましたが、十分おいしかったです。
白だしはできれば市販品ではなく、手作りしたものの方がおいしいですよ♪
手作り白だしのレシピはこちら→cookpad
白だしを濃いめに水で割って煮立たせ、とろみを強めに付けて七草粥にかけるだけ。
なんだかちょっと贅沢朝ごはんな気分になりました。





ココからは年末の京都旅行のお話です。
京都と言えば寺社仏閣ですね。あとは祇園とか嵐山とか。
今回はそういう有名どころにはほとんど行ってません。
目的は「新撰組ゆかりの地」です。
家にある主人の小説を読みだしたらすっかりハマってしまって、新撰組や幕府の話だけでなく、薩長サイドの話など買い足して読んだりしています。
せっかく京都に行くなら修学旅行で行った有名どころのお寺や観光地よりもそっちに行こうZ!となりました。



まずは新撰組関連ではなく寺社仏閣仏像マニアの母おすすめの高台寺に。
ポイントポイントでスタッフの方が立っていて、説明してくれたのがありがたかったです。
母おすすめのところはあと永観堂も行きました。



次は壬生寺です。ココから新撰組関連です。
屯所にしていたお寺その一ですね。何人かの隊士のお墓もあります。
すごいオタクっぽい絵馬が何枚か飾られてたので見たら「ハクオウキ」←字が分かりません。ファンの聖地でもあるようですね~。
私たち夫婦も幕末オタクですが^^



そしてすぐそばの「八木邸」。こちらは言わずと知れた、新選組が初めて京都に来た時にお世話になって以来居座った、最初の屯所になったおうちです。
芹沢鴨が暗殺された場所でもありますね。
中は撮影禁止なんですが、ガイドさん(奥のおばさま)の丁寧な説明があり、今でも残る芹沢暗殺時に付けられたと言われる刀傷や躓いた文机など当時そのままのものを見ることができて大興奮でした。



翌朝はさっさと朝ごはんを済ませて「西本願寺」へ。
こちらも新撰組が屯所にしていた場所ですね。
確かに広くて色々な訓練が出来そうな場所でしたけど、やっぱりお寺で砲術訓練とかは、けしからんですね^^;
本堂などは自由に見学ができます。とても荘厳な、力のあるお寺だと言うことが分かるつくりでした。




はい~、今度は違うサイドから、でもとっても楽しみだった「寺田屋」です。
寺田屋は薩長寄りなイメージだけど実際はそうでもなかった(誰でも分け隔てなかった)んだとかそうじゃないとか、どっちかよくわかりませんが。
薩摩藩の仲違いが合ったり、坂本竜馬がピストルぶっ放して逃げたりしたお宿ですね。



こちらが実際に坂本竜馬が泊まった部屋なんですって。
狭い。昔のお宿はこんなものなんでしょうね~。
ですが、六尺弱あったと言う竜馬さん、180cmくらいだと言うから、今でも大きい方ですよね。
お布団からはみ出しただろうなぁ。



このアングルお気に入りです。
主人は待ち受けにして、見るたびに「シブくてイイ♪」と悦に入ってます。



寺田屋の向かいに3台だけ駐車場があります。
江戸時代からあるお宿から、現代の車を撮影。
我が家の赤い愛車です。
宝くじが当たったらレクサスに乗る予定だったんだけどな~。
そういうこと言ってると、当たらないんだよなぁ~^^

他にもいろいろ楽しみましたが、ここまでマニアックな場所ばっかりに絞って観光するのってなかなかないと思います。
とても充実した楽しい旅行でした^^

次回はお土産と京丹後編♪



冬のお取り寄せ




 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)



関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/293-436a8c63
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top