2015
01.11

旬♪脂ノリノリ!しめサバ&バッテラ。

Category: 魚介類の料理
こんばんは。おととい近所の魚屋さんでしめサバになるおいしそうなサバが売っていたので購入しました。
市販のものと違い、自家製は締まりきらずぷりぷりの食感で、脂ののったおいしさを実感することができるのでお勧めです。
小さいころはしめサバと言えば母が手作りしてくれていて、なので私も手に入る時は自分でサバを購入して作るようになりました。



このように脂が乗っていると結構長時間お酢に浸けても中まで締まらないんです。



☆小料理屋さんの味、自家製しめサバ
 【材料 サバ一尾分】
◆真サバ(しめサバにできるもの)・・・1尾
◆塩・・・適量
◆酢・・・50cc
◆砂糖・・・小さじ1/2~1くらい(入れなくてもOK)
 【作りかた】
①サバは丸一尾であれば頭と内臓を取り、3枚におろして腹骨をそぎ取り、中骨は骨抜きで取り除きます。
②頭の方から皮をはぎ、両面に塩をたっぷり(うっすら白くなるくらい)振ります。
③キッチンペーパーを2枚重ねにしてサバをくるみ、さらにラップかビニール袋で覆ってひと晩置きます。
④酢水(分量外、水に少し酸っぱいかなくらいのお酢を加えたもの)でサバの塩を洗い流し、水気をよく拭き取って砂糖と酢を混ぜたものに1時間くらいたまにひっくり返しながら漬け込みます。
*サバには「アニサキス」という寄生虫がいる場合があるので、いただくときに皮の部分に5ミリ間隔で切り込みを入れます。気休めかもしれませんが。

生姜醤油でいただきます。子供のころはあの切り込み、おろししょうがを入れる場所だと思ってました。なので、今でもクセで入れてからいただいています^^

尻尾の方5センチくらいともう半身はお酢につけたままにしておいて、翌日バッテラ風の押しずしにしました。



酢飯の余ったものは煮た油揚げに詰めてお稲荷さんに。
とても身の厚いサバなので、ちょっと高級なバッテラみたいに仕上がりました。
バッテラ昆布がないのでとろろ昆布を使っています。




☆贅沢バッテラ&いなりずし
 【材料 作りやすい分量】
◆しめサバ・・・1/2尾分+尻尾の方5センチくらい
◆酢飯・・・200g
◆青じそ・・・2枚
◆甘酢しょうが・・・適量
◆とろろ昆布・・・適量
◆油揚げ・・・1枚
◇醤油、みりん、酒、砂糖・・・適量
 【作りかた】
①油揚げは半分に切って熱湯をかけて油抜きをし、袋になるように中を開けて◇印の調味料で濃いめに煮ておきます。
②寿司酢または砂糖、酢、塩を混ぜたものを炊き立てのご飯に混ぜ、あおぎながら冷まします。
③油揚げに入るだけの酢飯を取りのけて軽く握り、油揚げに詰めてお稲荷さんにします。
④ラップの上にとろろ昆布をサバの大きさくらいに広げ、しめサバを皮目を下にして置きます。しっぽのほうの身の細い部分は取っておいた残りの身を組み合わせて長方形に近い形になるように整えます。
⑤酢飯の半分を軽く握りながらサバの上に乗せ、手で軽く形を整えて青じそ、甘酢しょうがを乗せます。
⑥さらに残りの酢飯を乗せ、ラップでしっかりくるんで寿司型かタッパーに入れて倍の重さくらいの重石をして1時間くらい置きます。
*私は寿司型を使い、余った部分にはタオルを詰め込んで重石をしました。
 タッパ―でもタオル使いは便利です。

青じそと甘酢しょうがはお好みで、無くてももちろんOKですが、入れると脂ののったサバがさっぱり食べられてお勧めです。
ちょっと手間はかかりますが、添加物が一切入っていないので嫌な後味もなく、何よりもサバがぷりぷりでとてもおいしいですよ~♪
お寿司にする前にサバの皮目を炙って、炙りサバずしにしてもおいしいですね。


冬のお取り寄せ





 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)



関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/289-af1bdcd0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top