2015
01.18

手間暇かけて2。牛すね肉の赤ワイン煮込み

Category: お肉の料理
こんばんは。相変わらずストーブを使ったお料理が楽ちんなので、ここのところ毎日です。
今日はビーフシチューのような、手間暇かけたちょっと贅沢な牛すね肉の赤ワイン煮込みです。
水を使わず、赤ワインとトマトの水分だけで煮込み、じっくり炒めたブラウンルウが味のポイントです。
面倒ですが、とても大人の煮込み料理に仕上がりました。




☆牛すね肉の赤ワイン煮込み
 【材料 2人分】
◆牛すね肉・・・400g
◆塩・・・小さじ1/2+少々
◆GABANあらびきブラックペッパー・・・少々
■たまねぎ・・・1/4個
■ベーコン・・・20~30g
■にんにく・・・ひとかけ
◆オリーブオイルまたはサラダ油・・・大さじ1
◆ホールトマト・・・200gくらい
◆赤ワイン(なるべくしっかりした重めのもの)・・・500cc
◆ブーケガルニ・・・適量
◆バター・・・20g+10g
◆薄力粉・・・大さじ2
◆マッシュルーム、小たまねぎ、にんじんなどお好みの野菜
◆芽キャベツ
 【作りかた】
①牛すね肉は塩小さじ1/2、ブラックペッパーを振り、フライパンか魚焼きグリル(アルミホイルを敷いて)で外側にしっかり焼き色が付くまで焼き、余分な脂を落とします。
②■印の材料をみじん切りにしてオリーブオイルで炒め、たまねぎが色づいてきたら牛すね肉、赤ワイン、ホールトマト、ブーケガルニを加えて煮立たせ、沸騰したら弱火で2時間ほど、アクを取りながら牛すね肉が柔らかくなるまで(菜箸を刺して抵抗なく入るくらいまで)煮込みます。
③牛すね肉を煮込んでいる間に、フライパンにバター20gを熱し、溶けたら薄力粉を加えてごく弱火(煙が出てこない程度の火加減)で20~30分、焦げ茶色になるまでかき混ぜながら炒めてブラウンルウを作ります。
④牛すね肉を取り出してスープを漉し、③のルウに少しづつ加えながらかき混ぜてダマにならないように伸ばします。
⑤牛すね肉を戻し、炒めたマッシュルームなどお好みの野菜を加えてさらに30分ほど、底が焦げ付かないように弱火で時々かき混ぜながら煮込みます。
⑥味を見て薄いようなら塩を足し、仕上げにバターを溶かして出来上がり。茹でた芽キャベツを添えます。



お肉を煮込むのはストーブに置いておいただけなのでとても楽ちんなのですが、ブラウンルウを作っているときは面倒です。
他のこともしていたので、ちょっと冷蔵庫でものを探している10秒ほどの間にも煙が出てきそうになって目が離せなくて大変です。
ですがこのブラウンルウがポイントで、市販のルウのような濃厚な味ではありませんが、しっかり旨味の聞いたソースが出来上がります。
時短のお料理もおいしいですが、やっぱり手間をかけた物っておいしいなぁ、と思いました。

ただ、今日は反動で何か簡単なものにしようかな、と思ったりもしています^^
時間のあるときにはぜひ。


冬のお取り寄せ





 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)


関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/283-07f353e2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top