FC2ブログ
2018
08.19

バルサミコ酢豚。小間切れ肉と生ハムで柔らかジューシー。

Category: お肉の料理
201808191847205ef.jpg



今までのレシピ検索はこちら


今回は酢豚のレシピです。
酢豚と言っても一般的な味付けではなく、
バルサミコ酢を使っています。

久しぶりに酢豚が食べたいなと思いまして
ですが黒酢がない。
黒酢酢豚が食べたかったんです。
そこで色が似ている?
バルサミコ酢を使うことに。

バルサミコ酢を使うので具材も考えて
生ハムを使っています。
小間切れのお肉を丸めて使うと柔らかく
火も通りやすいですよね。
その丸めたお肉を生ハムで巻くことで
肉汁が閉じ込められて下味も付きます。

少し変わった味ですがやっぱり酢豚。
主人も気に入ってくれて定番になるかも。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、
よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





バルサミコ酢使っているのでワインにも
合うと思いますよ。



201808191847199e2.jpg


●バルサミコ酢豚


【材料 2人分】

・豚小間切れ 180g
・生ハム 適量
・玉ねぎ 1/2個
・人参 1/3〜1/2本
・ピーマン 1個
・パプリカ 1/2個
・ゆでたけのこ 適量
・片栗粉 適量
・サラダ油 大さじ1
・ごま油 大さじ1
・塩 少々
・バルサミコ酢 大さじ2くらい

<A>
・おろししょうが 少々
・おろしにんにく 少々
・醤油 小さじ1/3
・胡椒 少々
・酒 大さじ1
・片栗粉 小さじ1


【作りかた】


玉ねぎは2cm角くらいに切る
ピーマンとパプリカも同じくらいに切る
人参は小さめの一口大の乱切りにする
たけのこは小さめの一口大に切る


豚肉は<A>を加えよく揉みこむ
10〜12等分に分けて丸める
生ハムで巻く
(あまり多いと塩辛くなるので控えめに)
片栗粉を全体にまぶす


トースターの天パンにホイルを敷く
サラダ油を薄く塗る
2と人参を並べる
残りの油を上から全体にかける
200℃くらいで10〜15分加熱する
(焼き色がつくくらいまで)


フライパンに3を焼いた油を入れる
ごま油も加え加熱する
玉ねぎとたけのこを炒める
玉ねぎが透き通ってきたらピーマンと
パプリカを加えてさっと炒める
軽く塩をふり全体を混ぜる


3の豚肉と人参、バルサミコ酢を加え
炒め煮にする
バルサミコ酢が煮詰まって照りが出たら
火を止め盛り付ける



ごま油でなくオリーブオイルでも。
トースターで焼くのは生ハムが剥がれないため
で面倒でなければ多めの油で上げても。
ま、面倒なのでトースターがおすすめです。




「レシピブログ大人気の糖質オフレシピBEST100」
にレシピを掲載して頂いています。




20180425191816a37.jpg



20180425191141950.jpg


上記のバナーから購入できます。
よかったら見てみて下さいね。












その他の酢豚を使ったレシピも
よかったら見てくださいね。



肉団子の酢豚


DSC_0308のコピー


肉団子をたくさん作り置き。
酢豚にしました。
揚げたりする手間がなく楽ちんです。



石倉三郎さんの和風酢豚


DSC_0413_20161021194406e52.jpg


俳優の石倉三郎さんがTVで紹介
されていたレシピです。
ケチャップ味より大人の味なので
お酒に合います。






よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









ここからはお盆の旅行のこと。

毎年お盆と暮れは3〜4泊します。
ですが今年は義父母の体調が心配で
近場に2泊になりました。

2泊とも「日本秘湯を守る会」
のお宿です。
最近華やかな旅館より温泉のいい
秘湯のお宿にハマっています。

1泊目は山梨。


十石上湯温泉 源氏の湯


お宿はかなり古いですが清潔で
優しそうな女将さんがお出迎え。

こちらの山をはさんだ奈良田温泉の
白根館の息子さんご夫婦だそうで。

お部屋に案内されて荷物を置いて
近くの滝巡りへ。
近辺は遊歩道?
(というよりトレッキングコース)
がありたくさんの滝と吊橋を
見ることができるんです。


201808191847182b6.jpg


滝はあまりいい画像がなかったので
吊橋を一枚。
滝の近くは涼しく気持ちがいい。
ということで結構歩こうと思った
のですが、途中から私が体調不良に。
おそらく熱中症でしょうね。

というわけで途中で切り上げて。
お宿に戻り温泉に入ることに。
私は体と髪だけ洗うつもりでしたが
こちらは温かいお湯と冷たい源泉と
あり、これが助かりました。

31℃ほどの温泉は普段なら冷たく
感じますが、身体を冷やしてくれて
体調もすっかり良くなって。

時間で交代制の露天風呂にも行くことに。



2018081918471025a.jpg


広くてぬるめでゆっくり浸かれます。
時間によっては混浴。
湯浴み着が用意されていますので
気にせず入れます。
私は元々気にしませんがww
なので主人ともゆっくり。



201808191847126d6.jpg


目の前は滝です。
水の流れる音も心地よく、
半分ウトウトでした。



201808191847096ed.jpg


露天風呂に行くにはこの吊橋を
渡っていきます。
これが結構ガチな吊橋で。
揺れまくります。
私は楽しい♪



20180819184722f8b.jpg


翌朝、ご飯のあと撮りました。
せっかくの本当の吊り橋なので。



20180819184713882.jpg


お食事も地物で美味しかった。
量が少ないプランにしたので、
苦しくなることなく全部食べられました。

お魚はヤマメで頭からがぶり。
じっくり焼いてありました。
椀ものはそばがきのお鍋でした。
香りがいいー。

そのほか、手作りこんにゃくや
あさつき味噌のかかった野菜の陶板焼
など本当に地味深いものばかりで。

お酒は山梨なのでワインにしました。
山のごちそうとよく合いました。

温泉も良かったし、又来たいなー。


お宿をあとにして静岡へ。
2泊目は河津のお宿です。

それはまた後日。







ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top