2015
03.16

男子メシ!「たらの和風ムニエル」すぐできて簡単♪

Category: 魚介類の料理
おはようございます。もう春ですが先日たらが安かったので購入しました。
たらといえば鍋物の定番ですが、もう暖かいので焼いたのがいいな~、と、定番のバター焼きにすることに。
そこに甘辛の和風のたれをからませてごはんもお酒も進むひと品にしました。
時短簡単男子メシです。



☆タラの和風ムニエル
 【材料 2人分】
◆たらの切り身・・・200g
◆塩(たらが甘塩の場合要りません)・・・ひとつまみ
◆薄力粉・・・小さじ2
◆胡椒(細挽きのもの)・・・少々(あらびきでもOK)
◆バター・・・10g
◆日本酒(料理酒でもOK)・・・大さじ1
◆みりん・・・大さじ1~2
◆醤油・・・大さじ1くらい
 【作りかた】
①たらは切り身を半分に切って(あとでひっくり返しやすくなります)塩を振り、キッチンペーパーなどで挟んで10分くらい置きます。(甘塩の場合塩は振りません)
②水気をよく拭きとり、胡椒を振って薄力粉を全体にまぶします。
③フライパンにバターを熱し、溶けたら③を入れ、中火で片面がこんがり焼き色が付くまで加熱します。
④ひっくり返して日本酒、みりんを加え、蓋をして水分がなくなるまで(3分くらい)蒸し焼きにします。
⑤蓋を取り、醤油を加えてからませて出来上がり。



お酒を加えて蒸し焼きにすることで身がふっくら仕上がります。
実家でメカジキのバター焼きの時に母がこうしていた記憶があるので、私も魚のソテーの時には蒸し焼きにするようになりました。
母がしていたことって自分も自然と身についているんですよね。
まあ、母には「私が作らなかった料理もあっきーは作るし、よく覚えたわよね」とか、この間オコゼをさばいていた時に「魚をさばくのがずいぶん上手くなった(我が家は母はさばかず父がやってました)」と言ってくれたり、だいぶ母に料理の腕が認められるようになってきたのかな、と思うと嬉しいです。

やっぱり母も義母も越えられない主婦の先輩ですからね。
少しでも近づきたいと思っています。


ネイルを変えました。
桜のシールで春仕様にしたいな、と思っていたのですが昨日見つからなかったので、買っておいたままだったラインテープを使ったデザインにしました。



インカメラはあまり画像がよくないですね(涙)
ちょっと色が淡すぎてテープが目立ちすぎてしまって、失敗かも。
もうちょっと馴染んでると良かったんだけどなぁ。
あと、右小指と左中指に丸いホロでお花のデザインを乗せたんですが画像だと全く分からないです。
ストーンはもっとたくさんつけたいんだけど、ボウリング&料理の邪魔なので控えめに、爪自体も短く切りました。
これからガーデニングの季節なので見た目より機能重視で短いネイルになりそうです。





冬のお取り寄せ





 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)


関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/235-284483bd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top