FC2ブログ
2018
06.29

イサキのべっ甲づけ。ビールが進んで止まらない簡単おつまみ。

Category: 魚介類の料理
2018062919052393b.jpg



今までのレシピ検索はこちら


今回は旬のイサキを使ったレシピです。
イサキでなくても白身のお魚なら何でも
美味しく作れます。

我が家ではお魚は丸ごと一尾で買うのが
定番です。
捌くのも好きですしお得ですし。
頭やアラからは美味しいおだしが出ます。

大きな魚などは1日では食べきれません。
なのでづけや昆布締めも定番なんです。

普段はマグロやカツオなどを使いますが
今回は白身のイサキをづけにしてみました。
真っ茶っ茶にならないよううすくち醤油を
使って作ったのできれいなべっ甲色に。

なければ濃口醤油で作ってもOKですよ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、
よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





201806291905342aa.jpg


●イサキのべっ甲づけ


【材料 2人分】

・イサキ(刺身用) ひとさく(約150g)
・かいわれ大根 1/2パック

<A>
・うすくち醤油 小さじ2
・酒 小さじ1/2
・みりん 少々
・うずらの卵 1個


うずらの卵がない場合。
溶き卵をスプーン1杯程度加えます。
残りは卵焼きなどに使ってください。


【作りかた】


<A>を合わせてつけダレを作る。
イサキをさくのまま漬け込む。
冷蔵庫で2時間〜ひと晩置く。


時間がない場合
お刺身状にそぎ切りにして漬け込み
30分〜1時間置く。


かいわれは根本を切り落とす。
長ければ長さを半分に切る。


イサキをそぎ切りにする。
かいわれとつけダレ少々を加えて和える。


お好みでわさびを添えてどうぞ。
かいわれはひとパック入れても。
その場合つけダレを少し多めにして
和えてくださいね。





「レシピブログ大人気の糖質オフレシピBEST100」
にレシピを掲載して頂いています。




20180425191816a37.jpg



20180425191141950.jpg


上記のバナーから購入できます。
よかったら見てみて下さいね。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無添加海の精国産うすくち醤油500ml
価格:1075円(税込、送料別) (2018/6/29時点)









その他の白身魚を使ったレシピも
よかったら見てくださいね。



中華風お刺身


DSC_0381 (2)


味付けを変えるだけで普通のお刺身が
おもてなしメニューに早変わり。

ナッツとパクチーがポイントです。
これだけで中華になりますよ。



金目鯛ごはん


20180429193250418.jpg


金目鯛の美味しいおだしをお米が吸って
まるで料亭のような味わいです。

お魚は捌いてアラと頭からだしを取り
身を一緒に炊き込みます。

一見面倒そうですが、丸ごと炊いて
あとから骨を取り除くより全然楽。

魚屋さんで捌いてもらうときはぜひ
頭とアラをもらうのを忘れずに。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!










今日のデグこ。


関東地方は今日梅雨明け。
それに伴いとんでもない暑さでした。

私は暑いのは平気なんですが、
うちのこはちっちゃい毛皮。

外出時はエアコンを付けて行きました。
帰宅後冷風扇にしたら暑いかな?
と思ったんですが。



201806291937384b6.jpg


私「手に乗ってるだけなのに暑い」
うずら「ちょっと風が寒かったの」

手の上でぺったりまったり。
えー、外35℃くらいありますよー。

手の上が心地よかったのか、
お家に返そうとしましたが拒否。
しまいには私のTシャツの背中に
潜り込もうとする始末。
暑いわー!!!

ということでお尻を突っついて
お家に帰っていただきました。



20180629193737b38.jpg


「かまってくれないならそれでいいけど
だったらおやつちょうだい」
かわいい顔で見るんですね。
この子はケージから出たいとき
本当にかわいい顔でこちらを見ます。

でも、性格は超過激派。
困ったもんだ。





ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top