FC2ブログ
2018
03.31

春キャベツとカリカリ豚肉のミルフィーユ。重ねるだけ、簡単春のおつまみ。

Category: 野菜の料理
DSC_0293.jpg


今回は旬の春キャベツを使ったレシピです。
柔らかくて生でもおいしい春キャベツ。
今回は色を鮮やかにするためにさっとボイル。
シャキシャキ感と甘みを両方楽しめます。

キャベツと豚肉の相性っていいですよね。
代表格はとんかつ。
とんかつよりキャベツのほうがたくさん食べられるくらい
無くてはない相棒だと思います。

ソースは今回行者にんにく醤油を使いましたが。
何でもOKですよ。

ケチャップとマヨネーズを合わせたオーロラソースとか。
ピザ用チーズを溶かして白ワイン(または牛乳)でのばした
チーズフォンデュ風ソースとか。

いい豚肉を使うならお塩だけでもOK。

行者にんにく醤油のレシピは下記。
使ったお料理も紹介しますのでよかったら見てくださいね。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0291.jpg


●春キャベツとカリカリ豚肉のミルフィーユ


【材料 2人分】

・春キャベツ・・・4~5枚
・豚ロースまたはバラ薄切り肉・・・200g
・塩・・・少々
・胡椒・・・少々
・薄力粉・・・適量
・サラダ油・・・適量

【作りかた】

1、
春キャベツは大きいまま芯の方から茹でる。
あまりしんなりせず色が鮮やかになったらOK。
ざるにあげてそのまま冷ます。

2、
豚肉は長さを2~3つに切る。
全体に塩胡椒を軽く振り、薄力粉をまぶす。

3、
炒め物より多めの油を熱し、豚肉を揚げ焼きにする。
焼き色が付いてカリカリになったら油を切る。

4、
キャベツを豚肉より少し大きいくらいに切る。
豚肉と交互に重ねて最後にピックを刺す。
あればピンクペパーを散らして完成。



行者にんにく醤油のレシピはこちら↓


Cpicon 万能だれ「行者にんにく醤油」 by akkey-y





北海道産はまだ先ですが。
関東はもう少しすると道の駅などで見かけますよ。








その他の行者にんにく醤油を使ったレシピも
よかったら見てくださいね。



たけのこのガーリックバジル焼き


DSC_0223_2016041719225959d.jpg


そろそろたけのこも旬を迎えますよね。
このお料理はとてもシンプルなので、
水煮は向きません。
ぜひ掘りたてのたけのこで作ってくださいね。



きゅうりと砂肝のにんにく醤油和え


DSC_0468.jpg


作ってすぐよりひと晩くらい置いたほうが
おいしいので作りおきにぴったりです。
お酒が進むこと間違いなしの味です。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









先日のお花見散歩の帰り。
自宅の最寄り駅まで歩きまして。
晩ごはんのお買い物をしにデパ地下に寄りました。

するとまさかの活きたイカを発見!!
少しお高めでしたが、活けイカなんて珍しい!
海のない埼玉県在住なもので余計に。

魚屋さんもおすすめでおまけしてくれたので、
買っちゃいました。
「皮むきまでしましょうか?」と言ってくれたのですが。
一番おいしく食べるのはやっぱり食べる直前に捌く
ことかな、と言ったら。
「じゃあ空気を入れて袋を閉じて置きますね」と。
その店員さん、いつも親切な方なんです。

ほかのお買い物は全部すっ飛ばして急いで帰宅。
まだかろうじて生きてたのでさっさと捌く。



IMG_5075.jpg


急いだので見た目は残念ですが。
お刺身になっているイカとは全然違う食感でした。

特にエンペラがコリコリ!
私は鮮度のいいものはエンペラもゲソも
お刺身にしてしまいます。
これだけ天ぷらとか面倒(笑)

以前佐世保でご馳走になったものも
呼子からお取り寄せしたものも今回も
やっぱり活けイカっておいしいですねー。


この日は昼ビールを堪能し、夜は活けイカ。
なんだかとっても贅沢な気分になれた日でした。




ではまた明日。
















関連記事
スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top