FC2ブログ
2018
02.23

蓮根もちの揚げだし。刻んだ蓮根と鬼おろしのシャキシャキがアクセントの野菜おつまみ。

Category: 野菜の料理
DSC_0035.jpg


今回は蓮根を使ったレシピです。
今の時期おいしいですよね。

きんぴらなどのシャキシャキもおいしいですし、
すりおろしのもっちり感もいいですね。
ということで今回は両方の食感を楽しめるように。

だしに加える大根おろしは普通のものでもOKですが。
おすすめは鬼おろし。
ざっくりシャキシャキの食感で存在感があるので。
ひとつあると便利な鬼おろしです。


ヤマキだし部としての活動ももう少しで終了です。
第2期の応募もしようかな。
そう思えるくらいこの1年で色々おだしのことを学べました。
だし部の部員にならなければだしパックは使わなかったかも。
おだしは素材から取るのが一番だと思っていたので。

ヤマキさんのだしパックは手軽だけど本格的な味わいです。
水にだしパックを入れて3分煮だすだけ。
我が家では水に入れて冷蔵庫で水だしにしています。

今回はかつおと昆布の合わせだしを使用。
取り方は煮だしたものでも水だしでもどちらでも。



IMG_4771.jpg


あまりに使うので、大きい容器を購入しました。
1リットルくらい入ります。
常にどちらのおだしもこれに入れてストック。
和食だけでなく使えるので本当に便利ですよ。


購入はこちら↓

ヤマキ公式通販サイト 新にほんの食卓





ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0036.jpg


●蓮根もちの揚げだし


【材量 2人分】

<蓮根もち>
・蓮根・・・250gくらい
・塩・・・少々
・片栗粉・・・小さじ1
・揚げ油・・・適量

<だし>
・かつおと昆布のだし汁・・・200cc
・塩・・・少々
・みりん・・・小さじ1~2
・うすくち醤油・・・少々
・大根おろし・・・適量

・三つ葉か青ねぎ


【作りかた】

1、
蓮根皮の泥をたわしでこすってよく洗う。
3/4は皮つきのまますりおろす。
1/4は皮をむいてみじん切りにする。

2、
すりおろし蓮根の水けを軽く絞る。
みじん切りを調味料を加えてよく混ぜる。

3、
揚げ油を170℃くらいに加熱する。
2を小判型に成型して油で揚げる。
(ヘラなどの上で成型し油に滑らせるとやりやすいです)
途中で裏返し、両面こんがり色づいたら油を切る。

4、
鍋にだしと調味料を入れて火にかける。
沸騰したら大根おろしを加えてひと煮立ちさせる。
器に揚げた蓮根もちを盛りつけ、だしを注ぐ。
三つ葉などを添えて完成。


だしはお好みでとろみをつけても。
より温まりますね。
山芋のすりおろしを揚げたものでも。









鬼おろし、せっかく購入したら使いたいですね。
ひたすらおろして主役でいただくのがおすすめです。


おつまみ鬼おろし


DSC_0115_20171031192002b2e.jpg


鬼おろし、揚げ玉、鰹節にネギ。
仕上げに卵黄を乗せてお醤油をひとたらし。
あればだし醤油だとよりおいしいです。

シンプルなようでお酒が進む最高のおつまみです。



お魚の揚げ出しにも鬼おろし。

ブリの揚げ鬼おろしだし


DSC_0359_20180104183758756.jpg


今回のお料理とほぼ同じ。
ただ蓮根からブリに変わっただけです。
揚げ出しに大根おろし、合いますね。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









水曜日茨城でランチしたあとは栃木へ。

栃木県なかがわ水遊園に行きたくて。

昔一度行ったんですが、今回の目的はカピバラ。

カピバラ温泉なら冬よく見かけますが。
まさかの泳ぐカピバラです。



IMG_4828.jpg


透明なトンネルの中から見ることができます。
ちょうど餌やりの時間で、お客さんも集合していました。
茶々丸くんというそうです。



IMG_4808.jpg


トンネルの上に座ってくつろぎ中。
大勢ギャラリーがいても関係なし。
餌やりタイムも関係なし。
飼育員さんに「茶々がお魚のご飯を邪魔しています」
と実況される自由っぷり(笑)
この座り姿、たまらなくかわいい。
連写です。

ネズミの親としてはネズミの親分カピバラ、
当然大好きです。



IMG_4833.jpg



水面の上からでも見ることができます。
アマゾン川を再現しているので暖かくて。
カピバラさんも気持ちよさそうです。



IMG_4837.jpg


あがってくるところも見れました。
正面から見るとオッサンっぽいですね。



IMG_4842.jpg


打たせ湯?ジェットバス?状態。
気持ちよさそうでここから動かなくなりました。
ですがこの水槽、ピラニアがいるそうで・・・
毛むくじゃらは噛まれないのかな?
人間の心配をよそにくつろぐ茶々丸くんでした。



こちらはふれあいコーナーもあります。
ザリガニにカメにウニにサメなど。



IMG_4848.jpg


アラフォーの大人なのに(笑)
このコーナーを見るとやってしまいます。



blog_import_5662b6d624a20.jpg


8年前にも同じ場所で同じことを・・・(笑)
しかもザリガニダブルで。
我ながら頭の色がすごいなー。



blog_import_5662b6d469732.jpg


埼玉県立川の博物館でもやってます。
こちらは3年前…

いい大人なのに何をやってるんだか。
でも楽しくて見るとザリガニをつかまずにいられない。

「あなたが持つと食材に見える」と主人。
ちっちゃい伊勢海老みたいな?






ではまた明日。













関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top