2015
04.09

「スペアリブのマリネ焼き」祝グリル復活料理♪

Category:

こんばんは。火曜日はグリルの修理に来てもらったので久しぶりに活用した晩ごはんになりました。
ビールのおつまみの焼き物はもちろんのこと、ちょっとご馳走風なスペアリブも作りました。
おうちにあるもので漬け込んで焼くだけなのにとてもおいしくて、おもてなしにもピッタリです。

我が家ではダッチオーブンを使いましたが、蓋の重いホーロー製のお鍋や無水鍋でも作ることができますし、もちろんオーブンでも。




☆スペアリブのマリネ焼き

 【材料 2人分】
◆スペアリブ(今回は鹿、豚でもOK)・・・400gくらい
◆たまねぎ、にんじん、じゃがいも・・・お好みの量
◇たまねぎのすりおろし・・・1/4個分
◇赤ワイン・・・50cc
◇塩・・・小さじ1/2
◇醤油・・・小さじ1~2
◇ケチャップ・・・大さじ1
◇ウスターソース・・・大さじ1
◆サラダ油・・・少々
 
 【作りかた】
①スペアリブをポリ袋に入れて◇印の調味料を加え、よく揉み込んで30分以上置きます。
②たまねぎ、にんじん、じゃがいもをひと口大に切ります。
③ダッチオーブンなどの厚手の鍋かオーブンの天板に油を塗り、切った野菜を並べてその上にスペアリブを乗せ、マリネ液をかけます。
④蓋をして火にかけ、20分加熱し、火を止め20分置きます。
*オーブンで焼く場合は250℃くらいの高温にして焼き色が付くまで加熱します。

とっても簡単♪なのになんだか凝ったお料理みたいに見えるのでいいですね。



ビールのアテもグリルを使ったお料理です。




きゅうりのハムチーズ巻きは加熱してませんが、ちょっとひと品足りない時やお弁当に味付けもしなくていいので便利です。

トマトのベーコン巻き焼きは、昔居酒屋さんで食べておいしかったのでミニトマトより良く作ります。こちらも味付けなしで簡単。




新物のたけのこを買ったりもらったりしたので、がんもどきの含め煮にいっしょに入れました。
がんもがひとつだけ半分になっているのはお豆腐屋さんで4個頼んだらお店の方が「1個味見にサービスね」と入れてくれたからです。うれしい♪

先日母と子供のころはがんもの含め煮が大嫌いだったけど今は食べたくなる、と言う話をしていたのでさっそく買いに行きました。
母のがんも煮はくったくたに煮込んだなすといんげんが定番でしたが、私は野菜の食感が残っている方が好きなのでたけのこで。
あのくたくた感がいやだった、と言ったら、「ホントは素揚げにして最後に入れればいいんだろうけど、面倒だったからいっしょに入れちゃったらおいしかったからそうしてる」という母の発言に脱力しました^^;
かなりスローに生きている私の親と思えないほどせっかちな母。
私も年を取ったら母みたいになるのだろうか。
ううん、きっとならないなぁ。



 レシピブログ(おつまみカテゴリ)に登録しています。
 
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)






スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/213-ed03002a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top