2017
10.19

柔らか豚もも肉のロースト、春菊のジェノベーゼソース。旬の春菊で鮮やかなひと皿。

Category: お肉の料理
DSC_0026_20171019180700e0d.jpg


今回はお得な豚のもも肉と旬の春菊を使ったレシピです。
豚のもも肉はほかの部位と比べてお安いですよね。
油が少ないぶんパサつきがち。
ですが低温調理すると柔らかジューシーに仕上がります。

春菊を使ったジェノベーゼ風ソースは先日の旅行でいただきました。
レシピは分かりませんが味わってみて、だいたいこんな感じかな?と。
赤ワインに合わせるお料理だったため、アンチョビは加えてません。
ですがお肉料理にぴったりの鮮やかなソースでおいしくできました。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。




素揚げした蓮根とピンクペッパーを添えて。
ピンクペッパーは散らすだけで彩りが良くなるのであると便利です。



DSC_0031_20171019180702d31.jpg


●豚もも肉のロースト春菊ジェノベーゼ


【材料 2人分】

・豚もも肉・・・200g
・塩・・・少々
・胡椒・・・少々
・オリーブオイル小さじ1

<春菊ジェノベーゼソース>
・春菊・・・1/2束
・塩・・・小さじ1/2
・アーモンド(または松の実)・・・10g
・おろしにんにく・・・少々
・オリーブオイル・・・大さじ2

<お肉を柔らかくする魔法の水>
・水・・・100cc
・砂糖・・・大さじ1/2
・塩・・・少々
・酒・・・少々(なくてもOK)
・重曹・・・少々(なくてもOK)


【作りかた】

1、
豚肉は4等分に切る。
筋を切りながら厚みが1cmくらいになるまでたたく。
魔法の水の材料を合わせたものに2時間~ひと晩漬けこむ。

2、
春菊は塩少々を入れた熱湯でさっとゆでる。
水にとって冷まし、水けを絞る。
ざく切りにしてほかの材料と共にフードプロセッサにかける。

3、
豚肉の水けを拭きとり、塩こしょうする。
フライパンに油を引いて冷たいうちに豚肉を並べる。
火を付け中火で加熱する。

4、
4~5分焼いて焼き色が付いたら裏返す。
フタをして2~3分蒸し焼きにする。

5、
皿に春菊ジェノベーゼを敷き、豚肉を盛りつける。
蓮根の素揚げやピンクペッパーを添えて完成。


魔法の水は鶏むね肉によく使います。
大パックで買ってきた鶏むね肉は漬け込んでから水けを切って冷凍。
驚くほどジューシーに柔らかく仕上がるので我が家の定番です。

鶏肉に使えるなら豚肉にも使えるんじゃ?と思って今回チャレンジ。
全然パサつかずにとってもジューシーに仕上がりました。










その他の豚肉を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



豚肉のマヨパン粉焼き


DSC_1573.jpg


トンカツみたいですが揚げてないんです。
マヨネーズを塗ってパン粉をまぶしてトースターで焼くだけ。
マヨネーズの効果でお肉が柔らかジューシーに。
マヨネーズの油でパン粉がカリカリに。
揚げなくていいので楽ですしおいしいですよ。



薄切り肉の重ねソテー


DSC_0878.jpg


こちらは薄切り肉を使ったお料理です。
通常薄切り肉を重ねるときは薄力粉などを使いますが。
少しでも糖質が減らせるようにパルメザンチーズ(粉チーズ)を使用。
下味がついてお肉もくっついておいしく仕上がります。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









昨日スーパーで素敵な食材を見つけました。



DSC_0033_20171019180703426.jpg


高級魚の「クエ(アラ)」です。
この量で¥1500とかなりお得でした。
迷わず購入。
肝もついていて肝ぽん酢でいただきました。

クエは関東人にはなじみの薄いお魚です。
九州ではメジャーですよね。
生まれも育ちも嫁ぎ先も関東の私はほとんど食べたことがありません。
京都の小料理屋さんにあったのがびっくりでした。
京都の方もよく食べるのかな。

お値段がお得なので半分心配していた主人も。
「思っていた以上においしい」と。
出会えてよかったー。

ららぽーと富士見の中のヤオコーは品揃え豊富。
昨日もきびなごのお刺身も売ってたし。
ヤオコーは埼玉県民のソウルスーパーです(笑)





ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top