2015
04.11

簡単カフェ風「鯛と新たまねぎのスープ煮」時間のない朝にぴったり簡単レシピ

Category: 魚介類の料理




今回はとっても簡単、時間のない朝にも放っておけばできてしまうお料理です。
鯛と野菜をコンソメとハーブで煮て、仕上げにさらにイタリアンパセリで香りをプラス。
コンソメと塩だけのシンプルな味付けでも物足りない感がなく、ですが朝にぴったりの優しい味になりました。
パンを添えてどうぞ。
レシピでは鯛を一度焼いていますが、面倒であればそのまま加えてしまっても。
その場合は臭みを出さないようにかならず沸騰したところに加えます。






☆鯛と新玉葱のスープ煮

 【材料 2人分】
◆真鯛の切り身・・・2切れ
◆新たまねぎ・・・1個
◆新じゃがいも・・・1個
◆水・・・200cc
◆顆粒コンソメ・・・5g
◆塩・・・少々
◆GABANオレガノ<フリーズドライ>・・・2~3振り
◆GABANイタリアンパセリ・・・少々
◆トマトの刻んだもの・・・飾りなのでお好みで
 
 【作りかた
①真鯛は塩を振ってグリルかオーブンで表面をこんがりするまで焼きます。
②その間にじゃがいもをよく洗って皮付きのまま4等分にスライスします。
 たまねぎは皮をむいて半分に横半分に切ってバラバラにならないように楊枝を刺します。
③鍋に水、コンソメを入れて沸騰したらじゃがいも、たまねぎ、オレガノを加えます。
④あまりぐらぐら煮立てないように火を弱め、鯛を加えて10~15分くらい煮込みます。
⑤野菜が柔らかくなったら塩少々で味を調えます(鯛の塩の量によっては加えなくてもOK)
 お好みでオリーブオイルを少し垂らすとお店のような味になります。





昨日はビールのおつまみを少量づつ居酒屋のお通し風に盛りつけました。




島らっきょうの塩漬け、筍の梅合え、イカめかぶです。
3品とも鰹節を使ったお料理です。

先日久しぶりに鰹節削りをしだしたら止まらなくなりまして。
大量に削ってしまったのでせっせと消費中。
主人の叔母におうちを立てたときのお祝いにリクエストして頂いたものを使っていました。
そうしたらこの前母が実家で使っていたものを持ってきたのでふたつあります。
一家に一台もあるものでもないのに、我が家にはなぜかふたつ。
面倒だな、と思うこともありますしどうやってもうまく削れません。
でも、やっぱり香りも味も違うので時折ゴリゴリやっております。

こういう入れ子の器や長いお皿、大好きです。
器は河童橋で色違いのもの3つのセットを購入しました。
お皿は義母が使ってなかった物を私好みだろうと出してくれました。
我が家で食事会をしたときに、長いお皿が取り分けやすいので多用したら覚えていてくれて。
お皿は徐々に飽きてくるので、好みのものを頂けると嬉しいですね。



 レシピブログ(おつまみカテゴリ)に登録しています。
 
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)




母の日 お取り寄せ




関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/211-15818386
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top