2017
09.20

【ヤマキだし部】けんちん汁。基本で普通、でも野菜がおいしい温まる汁物。

Category: 野菜の料理
DSC_1584.jpg


今回はけんちん汁のレシピです。
いつでもおいしいですが、これからの時期もっとおいしいですね。
根菜類もおいしくなってくることですし。

けんちん汁は里芋で作るのが我が家の定番。
豚汁も里芋が私の定番。
実家で里芋だったので。
母はじゃがいも派ですが父が里芋派だったため。

私は豚汁は里芋だと思っていたのですが。
主人は「里芋はけんちんでしょ。」と。
豚汁がじゃがいもだそうです。

同じ関東でも違うもんだ。

だったら、けんちん汁もじゃがいもでいいんじゃないのかな?と。
今じゃがいもはあるのですが里芋がなくて。
私は里芋は旬の親戚か義父が作ったものしか食べないので買いません。
地元産の以外は食感がイマイチと感じてしまって。

私の住む地域は有名ではないですが里芋がおいしい産地です。
けっこう料亭などからも引く手あまたなんだそうですよ。

そういう理由で今回初めてじゃがいもでけんちん汁づくりです。



DSC_1582.jpg


けんちん汁をたっぷり作ってシンプルな食事。
お赤飯は昨日義母がふかしてくれました。
昨日私の誕生日だったので。
嬉しいなー。

お赤飯とけんちん汁でお腹いっぱいになるので。
あとはお漬物のみ。
いただき物のべったら漬けと、手作りの鉄砲漬け。
鉄砲漬けはきゅうりとハラペーニョで作った変わり種です。

良かったらレシピを見ていただけると嬉しいです。

自家製きゅうりの鉄砲漬け


一応これは一汁一菜になるのかな(笑)
シンプルですがおいしいお昼ご飯でした。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




ヤマキだし部 おだしレシピ
ヤマキだし部 おだしレシピ





 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_1583.jpg


●けんちん汁


【材料 4人分】

・じゃがいも・・・1個
・ごぼう・・・1/2本(60~80g)
・人参・・・1/2本
・大根・・・5cmくらい
・しめじ・・・1/2パック
・こんにゃく・・・80~100g
・豆腐・・・150g
・ごま油・・・大さじ1
・水・・・600cc
・ヤマキ基本のだし<かつおと昆布の合わせだし>・・・2P
・塩・・・小さじ1/2
・みりん・・・大さじ1
・酒・・・大さじ1
・醤油・・・適量

・青ねぎ、七味など


【作りかた】

1、
じゃがいもは皮をむいてひと口大に切り、水にさらす。
ごぼうはたわしでこすって泥を落とし、ささがきにして水にさらす。
大根は皮をむいていちょう切りにする。
人参は皮をむいて半月切りにする。
しめじは石づきを切り落とし、食べやすくほぐす。
こんにゃくは小さめの一口大にちぎり、さっとゆでてあく抜きする。

2、
鍋に水とだしパックを入れて火にかける。
沸騰したら3分煮だし、だしパックを取り出す。

3、
別の鍋にごま油を熱し、しめじと豆腐以外を炒める。
全体に油が回ったらだしを注ぐ。
塩、酒、みりんを加えて沸騰したらしめじを加える。
弱火にして10~15分、野菜に火が通るまで煮込む。

4、
豆腐と醤油を加えて味を調え、ひと煮立ちさせる。
火を止め器に盛り、ねぎなどを添える。


好みでみりんを増やして甘めにしても。
仕上げにごま油を加えてもしっかりした味になります。
寒い時は水溶き片栗粉でとろみをつけてもおいしくて温まります。




今回アクセントに使った七味はこちら。
以前京都の方から送っていただいて。
あまりにおいしくて京都旅行の際にも購入。
無くなってきたのでお取り寄せしました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【DM便可】京都からお届けします【黒七味】
価格:540円(税込、送料別) (2017/9/20時点)






その他の温まる汁物のレシピもよかったら見てくださいね。



粕汁


DSC_0336のコピー


酒粕入りの汁物って温まりますよね。
豚肉を使っていますが鮭で作ってもおいしいです。
粕漬けなど作って余ったときは粕汁が我が家の定番です。



味噌トマトスープ


DSC_0511.jpg


トマトジュースを使っているので簡単です。
忙しい朝にぴったり。
お味噌とトマトはどちらも旨み食材なのでよく合いますよ。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









昨日は夜お誕生日ディナーに行ってきました。
コースのお料理でゆっくりお食事するので。
予約は早めの時間にしています。

なので昼間はそんなに遠出せず遊ぼうね、となりまして。
となりましたが栃木まで行ってきました(笑)
下道でも3時間かからず佐野まで到着。

冷蔵庫の野菜庫がほぼ空っぽなので道の駅に行きたくて。
「どまんなかたぬま」に行ってきました。
日本のちょうど真ん中にあるそうです。
直売所が大きくて色々売っています。
こちらで野菜たくさん、義父母に耳うどんを買って。
耳うどんはこのあたりの名物うどんです。
うどんの形ではなくパスタみたいです。
気になる方はググってみてくださいね。


道の駅の前にもう一つの目的地に。

森田屋総本店


我が家的に一番おいしい佐野ラーメンのお店です。
飲み物は別としてラーメンしかありません。
中華そばとチャーシュー麺と各大盛りのみ。
とこの潔さも好き。


IMG_3637.jpg


余計な味のしない、素材そのままの澄んだスープ。
ほぼ化学調味料無添加だと思います。
(完全無化調だったらすみません)

あっさりしょっぱめのメンマも大好き。
チャーシューも脂っぽくなくてお肉感があります。
煮込んだタイプのさっぱり系ですが脂身もしっかり。



IMG_3638.jpg



青竹で打ったコシのある不揃いの麺が絶品。
時間によっては茹で湯にとろみが付くのでそれもおいしいです。
(こちらをよくご存じないラーメン通風の方は湯切りが甘いと指摘してますが)

この日はエッジがしっかりした(似非ラーメン通風に言ってみたw)茹で具合。
これもこれで好きですが、刀削麺みたいに周りが少し柔らかいのも好き。
上記の茹で湯にとろみがついているくらいのときはそうなっている気がします。
周りが柔らかくなってもコシのある麺なので全体の食感はしっかりですし。


本当に大好きでステマなくらいべた褒めですが(笑)
もともと、ラーメンと言えば東京系中華そばで育ったので。
ベースとしてこういう味が好きなんだと思います。

ですが、2番目に好きなラーメンは横浜家系。
全然違うやないかーい。
ドロッとしてガッツリ背脂が乗っているの、おいしいですよね。
ラーメンって体に悪そうなのでめったに食べませんが。
だからこそ体に悪そうなガッツリ系がたまりません(笑)

森田屋さんのは週1で食べても体に悪くなさそう。
そんなところも好きです。


いつも森田屋さんのことを書くときに同じ言葉で締めますが。
また食べたくなってきたー。





ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top