2017
08.08

メカジキのソテー、ポルチーニときのこのソース。乾燥ポルチーニで手軽に本格派の味。

Category: 魚介類の料理
DSC_1337.jpg


今回はメカジキを使ったレシピです。
生のちょっとお高めなメカジキはおいしいですし。
冷凍のひと切れ¥100くらいのものはさっぱり味ですし。
お好みとご予算でどちらでも。

ポルチーニは乾燥のものが市販されていますね。
スーパーでも見かけますし、輸入食材を扱うお店でも。
手に入らなければネットでもお得に手に入ります。

ちょこっとだけでもとってもいい香りと深い味が出ます。
パスタにやリゾットもおいしくなりますしぜひおひとつ。

ほかのきのこはおうちにあるものでOKですよ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_1339.jpg


●メカジキのソテーポルチーニときのこのソース


【材料 2人分】

・メカジキ・・・2切れ
・塩・・・少々
・胡椒・・・少々
・バター・・・5g
・白ワインまたは酒・・・大さじ1
・乾燥ポルチーニ・・・5g
・ぬるま湯・・・100cc
・マッシュルーム・・・3~4個
・エリンギ・・・1本
・赤ピーマン・・・1/2個

<A>
・醤油・・・小さじ2
・ポルチーニの戻し汁
・バター・・・10g
・レモン汁・・・少々


【作りかた】

1、
ポルチーニはぬるま湯に浸けて戻す。
マッシュルームは薄くスライスする。
エリンギは縦半分に切ってから食べやすく裂く。
ピーマンは種を取ってみじん切りにする。

2、
メカジキは塩を振って5分くらい置く。
出てきた水分をふき取り胡椒を振る。
フライパンにバターを溶かしてメカジキを焼く。
中火で焼き色が付いたら裏返し、ワインを加える。
フタをして5分ほど蒸し焼きにする。

3、
メカジキを取り出し、きのこを加えて炒める。
しんなりしたら<A>を加え、バターが溶けたら火を止める。
メカジキの上にきのこソースをかけてピーマンを散らす。


こってりした味わいにしたい場合。
メカジキの水分をふき取った後薄力粉をまぶします。
油を吸ってしまうので、きのこを炒めるときにバターを追加。
ソースのバターは除いてもOKです。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イタリア産乾燥ポルチー二茸(20g)
価格:540円(税込、送料別) (2017/8/7時点)






その他のポルチーニを使ったレシピもよかったら見てくださいね。



きのこのクリームパスタ


DSC_0482_201702231925577f1.jpg


ポルチーニの戻し汁がポイント。
お安いポルチーニでもおいしくできます。
お店のパスタに負けないおいしさがおうちで手軽に味わえます。



ポルチーニ風味の煮アナゴ


DSC_0202のコピー


赤ワインとアナゴを合わせました。
生臭くないの?泥臭くないの?とい思われそうですが。
ワインを選んでアナゴの調理法に一工夫すれば大丈夫。

アナゴを煮るときにポルチーニを加えています。
いい土の香りの相乗効果、と言った味わいになりますよ。



庶民のロッシーニ風カルビ大根





本当のロッシーニは牛フィレ肉にフォアグラ、トリュフ。
フォンドヴォ―とマディラ酒とトリュフで作ったソースをかけます。
が、無理無理(笑)
牛肉とフォアグラだけで病気になりそう。
経済的にも病気になりそう(笑)

なので、コンソメで煮た大根に焼いたカルビ。
お得に購入したポルチーニを乗せて。
ソースはポルチーニの戻し汁です。

ファアグラ大根の庶民版とも言えますね。




よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!














ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top