2017
08.05

枝豆入りさつま揚げ。すり身を使って超簡単、煮てよし焼いてよしのおつまみレシピ。

Category: 魚介類の料理
DSC_1351_20170803200511244.jpg


今回は市販の白身魚のすり身を使ったレシピです。
お鍋のシーズンは色々な魚のすり身が売っていますが。
この時期も大きな魚屋さんなどで見つけることができます。

市販のさつま揚げもおいしいですが。
塩だけしか入っていないすり身なら無添加で作れて安心。
具材も好みで色々加えて作れるところもいいですね。

揚げたてをしょうが醤油で食べたらもうお酒が止まりません。
残ったものは煮物に使ってもおいしいですよ。



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_1352.jpg


●枝豆入りさつま揚げ


【材料 作りやすい分量】

・白身魚のすり身(塩が入っているもの)・・・200g
・枝豆(茹でてさやから出したもの)・・・軽くひとつかみ
・人参の千切り・・・少々
・卵白・・・大さじ1~2
・揚げ油・・・適量


あれば山芋のすりおろしを加えても。
ふんわり仕上がります。
塩以外にも入っているものは卵白も入れなくてOKです。
原材料表記を見て加減してくださいね。
塩すら入っていないお魚100%のものも売っています。
その場合は小さじ1/2程度の塩を加えます。
粘りを出すために練り物って結構塩が入ってるんですよね。


【作りかた】

1、
すり身に卵白を加えてよく混ぜる。
枝豆と人参を加えてさらに混ぜる。
軽く6~8等分に分けておく。

2、
揚げ油を160~170℃くらいに加熱する。
手にサラダ油を塗り、タネを1個分取って小判型に成型する。
その都度1枚ずつ成型して油に入れていく。

3、
下の面がきつね色になったらフライ返しなどで裏返す。
全体がこんがり色づいてぷっくり膨らんだら油を切る。


個人的な意見かもしれないですが。
中まで火が通ると膨らんでくるのでわかりやすいと思います。
不安だったら中火でじっくり揚げてくださいね。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【お買い得】業務用イトヨリ調理すり身(冷凍)【10P23Apr16】
価格:1894円(税込、送料別) (2017/8/3時点)






すり身も手作りできます。
色々練り物の作りかたもよかったら見て下さいね。


DSC_0492_20161103194451704.jpg


はんぺんやちくわやタコボールなど。
全部ベースは同じすり身で作れます。

この時はおでんのために色々作りました。
おでんじゃなくてもすり身があれば色々手作りできますね。



イワシのつみれもおでんだけでなく色々使えますよね。


つみれ汁


DSC_0572.jpg


このレシピのつみれはアジです。
そう、イワシではなくアジやサンマでもおいしいんですよ。
柔らかくほろっと崩れる食感です。



つみれとごぼうの味噌仕立て鍋


DSC_0416.jpg


ごぼうがたっぷり食べられます。
食物繊維がたっぷり摂れます。
〆はつみれを少し崩しておじやにするとおいしいですよ。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。


DSC_1342.jpg


自由を満喫するうずら。
遠くに落ちているチモシーに向かっていったのかな?
「母ちゃん、あんな所にチモシー散らかしてるよ。」
「椅子も置きっぱなし、工具箱も出てるよ。この上で遊んじゃうよ。」
とうずらのお尻が言ってます。

この椅子は捨てるのでデグ部屋に置いてるんです。
近いうちにクリーンセンターに持っていきます。
うずらはここがお気に入りみたいで部屋んぽ中登って遊んでます。
なくなったら怒るかなぁ。
すぐキレる子だし。





ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top