2017
06.18

【ヤマキだし部】揚げ野菜の冷やし出汁がけ。とろみをつけずにさっぱりと。

Category: 野菜の料理
DSC_1127.jpg


今回はシンプルに夏野菜とだしを味わうレシピです。
濃いめに取ったおだしを冷やして使います。
夏野菜は素揚げでコクを出して。

おだしのそのものの旨みを味わいたかったので。
とろみをつけず野菜を浸していただきます。

作りおきにだしに浸して保存してもOKです。
少し色が悪くなってしまいますが。

なすは上手に揚げれば時間がたっても変色しません。
きれいな茄子紺は食欲が増しますよね。



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。



ヤマキだし部 梅雨をのりきる!さっぱりレシピ
ヤマキだし部 梅雨をのりきる!さっぱりレシピ




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_1126.jpg


●揚げ野菜の冷やし出汁がけ


【材料 2人分】

・なす・・・3本
・いんげん・・・5本
・揚げ油・・・適量
・みょうが・・・1個

・水・・・300cc
・ヤマキ基本のだし<焼きあごと焼き煮干の合わせだし>・・・1P
・塩・・・少々
・みりん・・・少々
・うすくち醤油・・・少々


【作りかた】

1、
水にだしパックを入れて火にかける。
沸騰したら弱火にして3分煮だす。
だしパックを取り出す。
調味料を加えて塩が溶けたら火を止める。
(冷めると薄く感じるので味付けは少し濃く)
粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

2、
なすはヘタを取り、縦半分に切る。
皮目に格子状に切り込みを入れる。
いんげんは筋と両端を取り半分に切る。
みょうがは薄くスライスする。

3、
揚げ油を170℃くらいに加熱する。
(菜箸の先を入れて泡が出てくるくらい)
よく水けを拭きとったなすを皮を下にして入れる。
中火で柔らかくなるまで揚げる。
なすが全体浸らない場合は。
皮目が柔らかくなったら裏返す。

4、
なすをあげたらいんげんを入れる。
さっと火を通し油を切る。
そのまま粗熱が取れるまで冷ます。
時間があれば冷蔵庫で冷やす。

5、
器に冷やしただしを張り、野菜を盛りつける。









その他を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



なすのみぞれ炒め


DSC_0098_20160805183021aee.jpg


CMで話題のあのお惣菜がおうちで作れます。
素を買わなければ安上がり。
しかも無添加で安心ですね。



なすときゅうりの柴漬け風


DSC_0066_20160806192640a9c.jpg


本物の柴漬けは乳酸発酵させていますね。
おうちで作るのはちょっと大変。
そこで梅酢を使って簡単に柴漬け風の浅漬けに。
さっぱりでごはんもお酒も進みます。



ラタトゥイユ


DSC_0507.jpg


ラタトゥイユと言えばごった煮のような。
全部入れて炒め蒸し煮にするのが定番の作りかた。

ですが本格的なフレンチの作りかたは違うんです。
野菜は一つ一つ丁寧に炒めます。
トマトは玉ねぎと共に炒めてソースにします。

少し面倒ですが、出来上がりが別物。
ラタトゥイユが好きではなかった私も大好きになる味でした。




よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。



IMG_3194 (2)


今日もうずら。
昨日の捕ったどー。
からのだっこ。

人間はもう暑い日々ですが。
うちの子たちはぬくもり欲しがりさんです。

うずらも普段はあずきとささげにくっついています。
だいぶ人間のぬくもりも好きになってきたかな。





ではまた明日。
















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top