2017
06.10

【おうちのみ大使】コックオヴァン(鶏の赤ワイン煮)。大切な人に少しだけ手間をかけて。

Category: お肉の料理
DSC_1093.jpg


今回は鶏の赤ワイン煮込みです。
フレンチのひとつでフランス語だと「コックオヴァン」。

この時期じっくりお肉や野菜を炒めるのは少し面倒ですが。
大切な人へのお疲れ様のお料理は凝りたいもの。
鶏肉はしっかり炒めて煮込み時間を短く。
お肉のジューシーさを生かしています。
もちろんほろっとした食感がお好みでしたら30~40分煮込んでも。

さっと作ったものや冷たいものが多い時期だからこそ。
煮込み料理がおいしく感じられると思います。

少しいいワインを開けて一緒にどうぞ。



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




おうちのみ大使 お父さん・だんなさん・彼氏のためのお疲れさまおつまみ料理レシピ
おうちのみ大使 お父さん・だんなさん・彼氏のためのお疲れさまおつまみ料理レシピ




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_1092.jpg


●コックオヴァン





ブルゴーニュ地方のお料理なので。
ブルゴーニュワインで作るともっとおいしいそう。
ですが、おいしいブルゴーニュのワインって高いのよー!

というわけで、スーパーで売っているワインを使用。
煮込み料理にはしっかりめのものが合うと思います。
ライトボディのワインだとなんだかコクが出ない気がして。
スーパーのワインでもおいしくできますよ。


この日飲んだワインのことを少し。



DSC_1081.jpg


オスピス・ド・ボーヌ サヴィニー・レ・ボーヌ

同じオスピス・ド・ボーヌにはもっと高価なワインもあります。
こちらのこのヴィンテージは¥6000程度とそんなに高くないですね。
ですがとっても華やかなブルゴーニュ、と言った香りです。

シルキーというかとても滑らかな口当たりです。
イチゴなどの果実味がありつつスパイシーさも。
私はあまりわからなかったのですがチョコの香りも感じられるそうで。
繊細ながら力強さもあるおいしいワインでした。

ローストビーフや鶏の赤ワイン煮、マグロのお寿司に合います。
ってこれ、北田屋さんの説明そのまんまじゃん!
北田屋さんの説明書きをなくしてアマゾンのを見ていたら。
なんだかモヤモヤする(笑)

ちなみにマグロの中落ちともよく合いました。
今度北田屋さんにアマゾンに出品してるか聞いてみよ。









その他の鶏肉を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



ほうれん草カレーチーズ焼き


DSC_0956.jpg


ほうれん草カレーを煮詰めるとき。
鶏肉も加えればインドのほうれん草カレー風になります。
それで食べてもおいしいですよ。



シンガポールチキンライス


DSC_0709.jpg


本来の作りかたは鶏肉を茹でたり湯通ししますが。
面倒なのでそのまま入れてしまえー!
意外と生臭みもなくおいしくできます。
ご飯とメインが一緒に作れてお弁当にもなっていいですね。



カルピスハーブ煮


DSC_0351 (2)


レシピブログくらしのアンテナにて紹介して頂きました。
カルピスを頂いても途中で飽きる私。
お料理に使えると以前から気になっていたので。
鶏肉を煮てみました。
短時間でお肉が柔らかくなって驚き。
しかもおいしいですよ。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。



DSC_1070 (2)


ご飯の途中で必ず水を飲むうずら。
確かに人間の私も汁物がないと嫌ですが。

その隙にささげに食べられても知らないよ。
と思っていたのですが。

もともと食が細いあずきはいいとして。
ささげも年のせいか量を食べなくなってきました。
食べることが一番の楽しみだったはずなのに心配。
と思ったのは一瞬のこと。
食べる量が減っても代謝が落ちているからか丸々してます。

チモシーもたくさん食べてるし、ペレットはあくまで嗜好品。
と私は思っているので元気ならいいね。




ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top