2015
12.03

ほっこり和食「柳川鍋」ドジョウをキビナゴに変えて。

Category: 魚介類の料理


今回はキビナゴを使った和食です。
キビナゴって、こちらではあまり見かけません。九州でよく食べられているみたいです。
ドジョウの柳川は東京下町の定番のお料理、でもなかなかドジョウも買わないですよね。
関東ではワカサギ、東北ではメヒカリなんか代用できるんじゃないでしょうか。
とにかく簡単で、とろりとした卵がだれでも好きな味です。

ご訪問ありがとうございます。
先日の家族のボージョレパーティーの時にカキを買いに行ったときです。
お刺身用のキビナゴが売っていて、珍しい~!と即購入。
とても大量だったのですが、キビナゴはとても足が速い(傷みやすい)と聞いたので。
お刺身は前の日にいただいて、残りをこのお料理にしました。
骨ごと煮るのでカルシウムたっぷり、調理も簡単です。

レシピブログに登録しています。
 
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)
いつもありがとうございます!




☆キビナゴの柳川鍋

【材料 2人分】

◆キビナゴ(ワカサギなどでも)・・・200gくらい
◆ごぼう・・・1/2本
◆卵・・・2個
◆水・・・適量
◆めんつゆ・・・大さじ1~
◆しょうゆ、みりん・・・各少々
◆三つ葉・・・適量

【作り方】

①キビナゴはエラの部分をつまむようにして尻尾のほうへ引っ張る。
*頭と内臓が一緒にとれます。少し残ったのは洗い流します。

②ゴボウはささがきにして水にさらす。

③平ための鍋(我が家はタジン鍋)に水とめんつゆ、しょうゆ、みりんを入れて火にかける。
 沸騰したらゴボウを入れて柔らかくなるまで煮る。

④キビナゴを加えて2~3分、火が通るまで煮る。

⑤卵を溶いて加え、ふたをして30秒~1分、好みの硬さになるまで蒸し煮にする。

⑥三つ葉を散らして出来上がり。


かんぴょうの卵とじもおいしいんですよ~♪



戻したかんぴょうを白だしで煮て、卵でとじただけ。
ですがとってもおいしいんです。





実家では朝ごはんの定番おかずでした。
パンだけでなくご飯にも合うんです。
お醤油をかけるからかな?
もちろんおつまみにもおいしいです。








おいしくダイエット









↑クリックしていただけると励みになります↑

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/2-111b2df7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top