2017
05.27

【おうちのみ大使】マグロの揚げだし。お得な血合い部分を使って小料理屋さん風のおつまみ。

Category: 魚介類の料理
DSC_0920.jpg


今回はマグロの血合い部分を使ったレシピです。
魚屋さんやスーパーの鮮魚コーナーのすみっこを探してみてください。
カマやお頭、アラが売っているところにあるマグロの血合い。
たっぷりな量がとてもお得です。

血合いというとなんだかクセがありそう、と敬遠される方も多そうですが。
加熱するとプリッとした食感になってとてもおいしいんです。
一応簡単な下ごしらえもしているので気にならず食べられると思いますよ。
とってもお得で簡単で少し凝った感の出るお料理です。





ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




おうちのみ大使 初夏の和風おつまみ料理レシピ
おうちのみ大使 初夏の和風おつまみ料理レシピ





 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0921.jpg


☆マグロの血合いの揚げだし


【材料 2人分】

・マグロの血合い・・・200~250g
・塩・・・ひとつまみ
・しょうがのしぼり汁・・・少々
・酒・・・小さじ1
・片栗粉・・・大さじ1くらい
・揚げ油・・・適量

<だし>
・昆布と鰹のだし汁・・・200cc
・うすくち醤油・・・小さじ1
・塩・・・少々
・みりん・・・少々
・水溶き片栗粉・・・少々

・大根おろし・・・適量


【作りかた】

1、
マグロの血合いはひと口大に切る。
塩、しょうがのしぼり汁、酒を全体になじませて5~10分置く。

2、
マグロの水分をよくふき取り、片栗粉をまぶす。
揚げ油を170℃くらいに熱して表面が白くカリッとするまで揚げる。

3、
だしの材料を水溶き片栗粉以外鍋に入れて加熱する。
沸騰したら火を止め水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。

4、
油を切ったマグロを盛りつけ、温めなおしただしをかける。
大根おろしを添えて完成。


冷たいものが食べたくなるこれからの時期ですが。
こういう温かいものも食べて体調を崩さないようにしましょう。
我が家は真夏でも熱々のお料理を食べるのが好きです。
毎年夏バテしないんですよね。










その他の加熱したマグロを使ったレシピもよかったら見てくださいね。



味噌漬け焼き


DSC_0026のコピー


お味噌は魚臭さを取ってくれるのでお魚嫌いの方でも食べられます。
漬け込むことでそのままより日持ちもするので便利です。
冷凍もできますよ。



竜田揚げ


DSC_0502_2016110520150665c.jpg


こちらは尾の身を使っていますが。
血合いのほうが手に入りやすく骨もないので作りやすいです。
我が家では血合いの竜田揚げは鶏肉より定番です。



マグロのソテーのサルサヴェルデ





こちらはほほ肉を使いました。手に入ればぜひ。
もちろん血合いでもおいしいですよ。
サルサヴェルデというハーブや香りの強い野菜で作たったソースがさわやか。
きゅうり入りでよりさっぱり、これからの時期にぴったりです。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。



先日ホームセンターのペットコーナーで新しいペレットを発見しました。
以前はあまりデグーの扱いが良くなかったところだったんですが。
小動物担当の方が変わったのかな?
デグーのケージがきれいで皮膚病の子もいなかったですし。
何より「糖質ゼロのペレットで育てています」とのこと。
なに?気になるぞそのペレット。
デグーに糖質は大敵ですからね。

いつも我が家で食べさせているものより効果でしたが。
6歳過ぎの老齢デグーが2匹いるということで買ってみました。



DSC_0945 (2)


とてもお口に合ったようです。
そしてにおいでここにあるのかわかるみたいで寄ってきます。
さすが食いしん坊ささげ、いい反応だ(笑)
なぜかあずきとうずらは母ちゃんの足に興味があるみたい。
寄って来て指をかじります。痛いんじゃー!

ちょうどネットで大量に購入したばかりだったので。
こちらは主食にはせずおやつ感覚で揚げることにします。





ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top