2017
05.21

【ヤマキだし部】あごだしトマトちゃんこ。鶏つくねがおいしい斬新で基本のちゃんこ鍋。

Category: お肉の料理
DSC_0923.jpg


今回は暑くなってきましたがお鍋のレシピです。
暑い時の熱いものって体にいいですし、汗をかいて気分もすっきり。
あごと煮干しのおだしにトマトを合わせた少し変わった味付けです。

母に【ヤマキだし部】で頂いただしパックをおすそ分け。
するとお礼にだしを生かせるレシピのアイディアをくれました。

元力士でちゃんこ屋さんをしていた両親のお友達がいます。
色々あって母も相撲に詳しかったりします。
有名な話ですが力士はよく鶏肉を食べますね。
2本足で立つから手を付かない(牛や豚は四つ足なので)と験を担いで。
ちゃんこ鍋だけでなく和え物などに使うごまも必ず白ごま。
言われてみればそうですね。黒星が付かないように、と。
それからニラと油揚げも実家のちゃんこ鍋では定番食材でした。

トマト味に油揚げやニラ?と言った感じですが。
これが不思議と合うんです。
やっぱりあごと煮干しのだしのおかげですね。
ついでに鶏つくねにたっぷり入れるしょうがとの相性もいいんですよ。



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0922.jpg


☆あごだしトマトちゃんこ


【材料 2人分】

<つくね>
・鶏ひき肉・・・150g
・ねぎ(あれば青い部分)・・・10cm
・しょうが・・・大ひとかけ
・味噌・・・小さじ1
・酒・・・小さじ1
・塩・・・少々
・片栗粉・・・小さじ1

<鍋スープ>
・水・・・300cc
・ヤマキ基本のだし<焼きあごと焼き煮干>・・・ひとパック
・ホールトマト・・・100g
・味噌・・・大さじ1
・塩・・・少々
*甘みがほしい場合は塩の代わりにケチャップを使う

<鍋の具材>
・キャベツ・・・1/4個くらい
・ニラ・・・一束
・油揚げ・・・2枚
・その他好みの野菜など

・白いりごま・・・少々


【作りかた】

1、
ねぎとしょうがはみじん切りにする。
ボウルにすべてのつくねの材料を入れて粘りが出るまでよく混ぜる。

2、
鍋に水とだしパックを入れて火にかける。
沸騰したら弱火で3分煮だし、だしパックを取り出す。
つくねをひと口大に丸めてだしで煮る。
浮き上がってきたら一度取り出す。

3、
つくねを煮ただしにホールトマト、味噌、塩を加える。
野菜から水気が出るので少し濃いめかな?程度でOK。
具材を加えて煮て、仕上げにごまを振る。


時期的に春キャベツで作りましたが。
寒い時期なら白菜で作ってもOK。
旨みたっぷりの鍋スープでつくねはもちろん野菜もたっぷり食べられます。










その他のひき肉を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



ミートボールのデミトマ煮


DSC_0084.jpg


煮込み時間は5分でOK。
冷める間に味を染みこませるので作りおきにぴったりです。
デミグラスソースを加えることで短時間の煮込みでもコクがあります。



無添加でジューシーなチキンナゲット


DSC_0452.jpg


ファストフードやスーパーのお惣菜で手軽に買えるナゲット。
ですが手作りなら無添加で安心です。
市販品にはジューシーにするために結着剤が入っています。
そういうものを無しでファストフードなみにジューシーに仕上げました。



なすのみぞれ炒め


DSC_0098_20160805183021aee.jpg


こちらはひき肉は脇役。
CMで以前よく見かけたお惣菜の素を手作り。
無添加でしかも買うより安上がり。
なすがおいしくなってくるこれからの時期にぜひ。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。



DSC_0929 (2)


仰向けになって寝てるのだーれだ。
あずきです。
うちに来たばかりの小さなころからよくお腹を見せて寝てました。
目もしっかり閉じて寝るし、被食者としての危機感は全くなし。
もともと野生の本能がないのかも、と思ってました。

ですが病院に行ってあずきにも野生の本能があることを知りました。
とにかく看護師さんや獣医さんに触られるのを嫌がって嫌がって。
「食べられるー!」みたいな超悲痛な叫び声を聞きましたし(笑)
あんな声聞いたことなかったなー。

もうあずき自身は病院に行ったことなど忘れているに違いない。
学習能力はありますが、いやなことは忘れることにしているみたいです。





ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top