2017
05.20

【おうちのみ大使】白身魚の昆布締めとアスパラの和え物。旨みたっぷり昆布締めでビールが進むレシピ。

Category: 魚介類の料理
DSC_0924.jpg


今回は白身魚とアスパラを使ったレシピです。
意外と簡単な昆布締め。
身が締まって旨みがしみこんでいるのでそのままでもおいしいですが。
和え物にすることで彩りよくお酒が進みます。

おうちのみにひと手間かけたお料理をぜひ。
昆布締めのレシピもあります。
もし面倒であれば市販の昆布締めを使ってもより簡単でいいですね。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




おうちのみ大使 初夏の和風おつまみ料理レシピ
おうちのみ大使 初夏の和風おつまみ料理レシピ





 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0925.jpg



☆白身魚の昆布締めとアスパラの和え物


【材料 2人分】

・鯛やスズキなど白身魚の昆布締め・・・100~120g
*今回はアイナメを使いました。白身だったら何でもOK
・アスパラガス・・・2~3本
・昆布締めの昆布・・・少々

<A>
・うすくち醬油・・・小さじ1/2~(昆布締めの塩気による)
・レモン汁・・・少々


甘みがほしい場合は砂糖やみりんを加えても。
コクがほしい場合は太白ごま油を加えても。


【作りかた】

1、
アスパラは根元の固い部分を切り落とし、斜め薄切りにする。
塩少々(分量外)を加えたお湯でさっとゆでる。
1~2分茹でて好みの柔らかさになったら冷水にとって冷ます。

2、
昆布締めは普通のお刺身より細めに切る。
昆布締めの昆布は千切りにする。

3、
昆布締め、昆布、アスパラを<A>で和える。


アスパラに味がなじんだほうがおいしいので冷蔵庫で寝かせても。
色落ちを気にしないのであれば2日ほど保存もできます。
昆布締めはもともと保存食なので少しなら日持ちがきくんですよ。



昆布締めのレシピはこちら。












その他の昆布締め酢締めのレシピもよかったら見てくださいね。



サーモンの昆布締め


DSC_0515.jpg


白身だけでなくサーモンも昆布締めにしておいしい魚です。
脂の乗ったサーモンと酢や昆布の風味がとてもよく合います。
これを押し寿司にしてもまたおいしいんですよ。



真鯛の昆布締め風レモンカルパッチョ





時間がない時は昆布茶を使って簡単昆布締め風もおいしいです。
水分が抜けきらず味も薄目なのでカルパッチョ風に。
白身の昆布締めとレモンの風味がよく合います。



だしの旨みをプラスした〆サバ


DSC_0855.jpg


〆サバの酢漬けのときにだしパックを一緒に入れました。
サバの旨みに昆布やカツオの旨みが加わってごちそう〆サバです。
これを柿の葉で包んで押し寿司にした柿の葉寿司もまたおいしいです。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!














ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top