2017
04.18

金目鯛の焼き霜造り&霜降り造り(お刺身)。おうちで簡単に小料理屋さんのレシピ。

Category: 魚介類の料理
DSC_0729.jpg


今回は金目鯛を使ったレシピです。
お刺身で食べられる新鮮なものが売っていたらぜひ。
白身魚は骨が固いので魚屋さんで3枚におろしてもらえばあとは簡単です。

高級魚のイメージの金目鯛ですが、丸ごとならお刺身になっているものよりお得。
大きめのもの1尾買ってきてしまっても大丈夫。
半身は煮つけにすると超美味。
煮魚はお刺身並みに鮮度が大切なお料理なので新鮮なものでぜひ。

霜降り造りは皮をひく手間がないので実はとても簡単。
簡単でいて皮の赤が引き立ちとってもきれい。
おうちで手軽に小料理屋さんのようなひと品が楽しめますよ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0730.jpg


☆金目鯛の焼き霜造り&霜降り造りのお刺身


【材料 2人分】

・金目鯛(中型で3枚におろしてあるもの)・・・1/2尾
・ツマ(今回はわさび菜、ラディッシュ、きゅうり)


【その他必要なもの】

・カセットガスで使うガスバーナー
・バーナーがない場合は金串2~3本
・沸騰したての熱湯
・氷水
・キッチンペーパー


【作りかた】

1、
金目鯛は半身を骨に沿って縦半分に切る。
骨があれば取る。
腹骨は薄くそぐように切り取る。

2、
1枚は金串を2~3か所扇状に刺す。
(扇状に刺すのは持ちやすくするため)
ガスコンロで皮に焦げ目がつくまで炙る。
(お刺身で食べるので皮だけを炙る)
バーナーがある場合は金属のバットなどに置いて炙る。
焦げ目がついたらすぐ氷水に入れて冷やす。

3、
もう1枚はまな板に置いてから傾けて熱湯を皮目だけにかける。
皮が反って身の回りが少し白くなったらすぐ氷水に入れて冷やす。

4、
冷えたらキッチンペーパーでよく水けを拭きとる。
1cmくらいの厚さに切ってツマと共に盛り付ける。


わさび醤油や柚子胡椒ぽん酢でどうぞ。
焼き霜は香ばしく脂の甘みを感じられます。
熱湯をかけたほうの霜降り造りは脂が洗い流されさっぱり。
縦半分にするので背のほうは焼き霜に、腹身を霜降りにするのがおすすめ。
まぁ好みなのでどちらでも。どちらかでも。










その他の金目鯛を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



うろこ焼き


DSC_0744.jpg


丸ごと1尾買うとき、ぜひうろこ付きで。
うろこに熱々の油をかけながら焼くとパリパリに。
おうちで簡単にビストロやリストランテ風のお料理が作れます。



パクチー蒸し


DSC_0201のコピー


小ぶりの金目鯛のときは1尾丸ごと蒸すのがおすすめです。
骨付きのお魚は旨みが出ますのでぜひ丸ごとで。
パクチーとねぎで中華風の味付けがさっぱり白身と好相性です。



トマトジュレのブイヤベース鍋





きれいな金色のトマトジュレはトマトを漉して作ります。
せっかくの色を生かしてゼラチンで固めてまず見た目を楽しんで。
加熱するとジュレが溶けてスープになっていきます。
変化も楽しめるおもてなし向け料理です。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









昨日は栃木県の足利で遊んできました。
新車ドライブを楽しんでいます。


足利に行く目的はふたつ。
ひとつは絶品のお蕎麦屋さんでのランチ。


蕎遊庵(きょうゆうあん)


足利織姫神社の敷地内、高台にあるので景色も抜群。
桜の木がたくさんあるので特に桜の時期は絶景です。



IMG_2859.jpg


葉桜…(笑)
桜の花びらが舞ってこれはこれでまた趣がありましたよ。


こちらはお蕎麦の種類が豊富。
お蕎麦そのものの種類が豊富なのであって、天ぷらなどは無し。
一品料理は少しありますが、とにかくお蕎麦、なお店です。

そして色々食べられるようにお蕎麦の量が控えめ。
知っている方は2つずつ頼んでいます。
我が家も今回は2種類いただきました。



IMG_2860 (2)


まずは極上の更科粉のみで作られた「さらしな生一本」。
千切りの山芋と目ねぎが添えられています。
が、私はアレルギーで山芋が食べられないので抜いてもらいました。
こんなに真っ白な芯の蕎麦粉のお蕎麦なのにお蕎麦の香りがすごい。
芯粉のお蕎麦の中で今までで一番香りが強いかも。

つゆは鰹がきいていて、更科粉に合うようとても繊細なお味でした。



IMG_2861.jpg


ふた品めは打って変わって田舎に。
お蕎麦なのにものすごい噛みごたえがあるものです。
ですが本当に田舎の田舎蕎麦のように黒くない。
いわゆる星と言われる粒は白めでした。

つゆは江戸前の辛口のもの。
個人的に大好きです。
みりんをきかせた田舎風ではなく、ざらめなどの甘みはきりっとはっきり。

お蕎麦もつゆも最高のお店です。
石臼引き蕎麦粉のお蕎麦や十割もおいしいです。
普通の「おせいろ」をいただいたことがないので次回はぜひ食べたいです。

季節によって変わり切りもあるのでそちらも女性に人気みたいです。
今の時期は桜切りでした。

2ついただいてあー、お腹いっぱいだなー、という感じです。


織姫神社も女性におすすめみたいです。
良縁をいただけるパワースポットなんだとか。

私は恋愛や結婚だけでなくあらゆる良縁にすでに恵まれているので。
そのまま駐車場へ向かいました(笑)

さて、次は足利フラワーパークです。





ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top