2017
03.27

自家製わさび漬け。意外と簡単、ツーンと来る辛みがたまらない旬の味。

Category: 野菜の料理
DSC_0656_20170326181615848.jpg


今回は手作りのわさび漬けのレシピです。
市販品は色々と添加物が入っているので手作りなら安心。
そして粕が苦手な主人のためにわさび多めで作れます。

板わさに、ご飯のおともに、そのままおつまみにと色々使えます。
日持ちするのでたくさんできても大丈夫。
おいしくて心配になる前になくなるので大丈夫(笑)
葉わさび(根付き)を見かけたらぜひ作ってみてくださいね。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0655.jpg


☆自家製わさび漬け





味付けは気持ち濃いめに。
薄すぎると日持ちしませんし、置く間に味がなじむので。
我が家はお砂糖は加えてませんが、酒粕の甘みでみりんだけでも十分です。
市販のわさび漬けが甘すぎて、と思う方はぜひ砂糖なしで作ってみてください。

わさびは密閉することで辛みが出ます。
なので塩漬けのときも粕を混ぜたときもしっかり空気を抜いて保存。
きっちりフタができる容器を使います。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

九平次 純米大吟醸酒粕 山田錦(1kg レトロ袋付)
価格:540円(税込、送料別) (2017/3/26時点)







その他の酒粕を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



粕汁


DSC_0336のコピー


もう桜も開花し春ですが今日みたいに寒い日は粕汁が恋しくなりますね。
このレシピのように豚肉で作っても良し、鮭で作っても良し。
魚のアラで作るのもコクが出て好きです。



鶏むね肉の粕漬け


DSC_0146のコピー


酒粕の効果でしっとりジューシー。
一見生のように見えますが、きちんと火が通っています。
低温でじっくり焼くのもジューシーに仕上げるコツです。
が、フライパンで焼いてもパサつかないのでどちらでもOKです。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。


IMG_2763 (2)


指の間が好きなあずき。
びっくりおめめに見えますが、リラックスしてるんです。
手の上に乗っているときでももう片方の手の指と指の間に頭を突っ込みます。



IMG_2765 (2)


デグーが耳を寝かせているときは警戒しているときだそうです。
デグーの飼育本に書いてありました。
でもね、リラックスしてるときも耳がぺたーってなりますよ。
え?うちの子だけ?
怖がっているか怖がってないかはもう6年近く一緒にいるのでわかります。
そのまま寝るし(笑)

危機感とは無縁な我が家の3匹です。





ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top