2017
03.25

長ねぎだけポトフ。ベーコンのコクでねぎだけでもおいしい優しい味のレシピ。

Category: 野菜の料理
DSC_0648_201703251953198b8.jpg


今回は長ねぎを使ったレシピです。
旬は冬ですが、まだまだおいしい長ねぎ。
今現在我が家(義父母宅も含む)には米袋2袋の深谷ねぎがあります。
深谷の親戚から頂いたんです。
長ねぎ大好きな我が家はせっせと食べています。
たまに遊びに来る私の母にもあげるつもりですがそれでもたくさん。

そんな時はこのお料理が我が家の定番。
たっぷり食べられます。
季節の変わりめで体調を崩しやすい時期ですね。
風邪予防にたっぷりおねぎをぜひ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0649_20170325195320f0d.jpg


☆長ねぎのポトフ


【材料 2人分】

・長ねぎ(青い部分も)・・・2本
・ベーコン・・・2~3枚
・水・・・適量
・顆粒コンソメ・・・小さじ1
・塩・・・少々
・あらびきブラックペパー・・・少々


【作りかた】

1、
長ねぎは青い部分の固い部分や枯れた部分を切り落とす。
4~5cmの長さに切る。
(硬いねぎの場合は切り離さない程度に5mm幅に切り込みを入れる)
ベーコンは1cm幅に切る。

2、
あれば広くて浅い鍋にねぎを重ならないように敷き詰める。
水をひたひたに注ぎ、コンソメを上から振りかけて火にかける。
沸騰したらベーコンを全体に散らし弱火で10分くらい煮込む。

3、
ねぎが柔らかくなっていたら塩で味を調える。
盛り付けてブラックペパーを振る。


ブラックペパーの代わりに粒マスタードでもおいしいですよ。
長ねぎでなく今の時期新玉ねぎで作っても。
ねぎ類は加熱すると甘くなっておいしいですよね。




コンソメは化学調味料無添加で自然のもので作られているのがおすすめ。
素材の味を引き出してくれて、余計な味もないのでシンプルなお料理にぴったり。









その他のねぎを使ったレシピもよかったら見てくださいね。



長ねぎの串カツ


DSC_0461_20170222193106443.jpg


目黒のとんかつの名店「とんき」のマネレシピ。
とんきでは下仁田ねぎですが、我が家は普通の長ねぎで。
玉ねぎでなくても甘くておいしい串カツですよ。



ねぎたっぷりマグロのぬた


DSC_0378.jpg


作ってから少し置いてしんなりさせるとねぎがたっぷり食べられます。
もちろん作りたてのシャキシャキで辛めのものもおいしいですよ。
義母の得意料理でレシピを教えてもらって我が家でも定番になったお料理。
私流に味付けなどアレンジして我が家の味になりました。



牛テールと下仁田ねぎの煮込み


DSC_0021_20161201193955ed4.jpg


牛テールはあまりスーパーで見かけないですよね。
見かけたらぜひ買ってほしい絶品食材ですが、ちょっと高価。
カレー用の牛スネ肉でもおいしく作れます。
すね肉も煮込むとスジの部分がトロトロになっておいしいんですよね。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









木曜日は珍しく主人がお休みだったのでまたお出かけしました。
有給の日が会社に決められてるって、なかなかのブラック企業だなぁオイ。
私もスーパーブラック企業でパートしていたのでちょっとやそっとじゃ驚かない(笑)
時給は高かったし、言いたいことも言えてたし不満はなかったんですけどね。
ただ、やめるって言って2年やめられなかった素敵な職場でした(笑)

この日は近場で遊ぶことに決めていたのでゆっくりめに出発。
岩槻まで行ってきました。
岩槻と言えば埼玉県民はみんな知ってる「豆腐ラーメン」が有名です。


レストラン大手門


「秘密のケンミンSHOW」にも出たお店です。
市民会館の中にあるレトロな雰囲気の食堂。
大手門、という名前は岩槻城址公園の近くだからかな?



IMG_2772.jpg


豆腐ラーメンと手作り餃子のセット。
¥800と激安です。
餃子はお仕事中の方でも食べられるようににんにく抜き。
ラーメンもボリュームがありますし、餃子も大きいー!



IMG_2773.jpg


麺は普通の中華麺。縮れ麺ですね。
醤油味のラーメンの上にほんのりピリ辛(子供でも食べられる)豆腐あん。
麻婆豆腐と違うのは、ほとんどひき肉無しとまずビジュアルが違います。
そして色々な中華のスパイスを使った刺激的な味でなく優しい味です。

3歳くらいの子供を連れた3世代のお客さんもおいしそうに食べてました。
意外なほどおいしくてびっくりでした。



そのあとは久喜の気になっていた日帰り温泉へ。


天然温泉 森のせせらぎ 和


埼玉県内にこんなにいい温泉があるのー?と衝撃でした。
一切加温加水消毒無しの源泉かけ流しのお風呂があります。
源泉の温度が45℃ほどで浴槽でも42℃ほどと私には熱い。
ですがガソリン臭のする独特の茶色いお湯でまぁ気持ちいい。

露天風呂も色々あって、壷湯が良かったです。
塩釜のサウナや別料金の砂蒸し風呂もあって女子によさそう。
私はサウナも砂風呂も岩盤浴も苦手なのでお風呂のみでしたが。

また来たい温泉をひとつ見つけました。

来週は日帰りでなく1泊で長野に行ってきます。
楽しみだなー。




ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top