2017
03.13

桜香るヒラメの春色カルパッチョ。甘い香りでいつもと一味違うレシピ。

Category: 魚介類の料理
DSC_0576.jpg


今回は魚介類の定番、カルパッチョのレシピです。
私は先日那珂湊で丸ごと買った時に作ったのでヒラメですが。
ヒラメは普通結構な高級魚です。
なので真鯛やスズキなどスーパーでお手頃で買える白身のお刺身でOK。
なるべく薄く切ってあるもののほうが見栄えがしますよ。

そして春になると意味もなく買う桜の花の塩漬け。
我が家はお酒以外の糖質を控えているのでお菓子作りに使うわけではなく。
おつまみになります。
特に魚介類との相性がいいんですよね。

ワインと合わせるときもお刺身単体だとちょっと生臭いかな?というときに。
桜の甘い香りでごまかせちゃったりもするんです。
(*個人の感想です)

意外と使える桜の花の塩漬け、ぜひこの春に。



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0580.jpg


☆ヒラメの春色カルパッチョ


【材料 2人分】

・ヒラメまたは真鯛などの白身のお刺身・・・120~150g
・桜の花の塩漬け・・・少々(5~6個)
・レモンの皮(国産のもの)・・・少々
・菜の花・・・3本くらい
・エキストラバージンオリーブオイル・・・適量
・塩・・・少々


【作りかた】

1、
菜の花は塩少々を加えた熱湯でさっとゆで、冷水にとって水けを絞る。
食べやすい長さに切って盛り付ける。

2、
白身はなるべく薄いそぎ切りにして箸を少し重ねながら盛り付ける。

3、
桜の花の塩漬けは水で振り洗いして余計な塩を落とす。
軽く絞って細かく刻み、白身の上にまんべんなく散らす。
レモンの皮は細かく刻むかチーズおろしなどで削ってふりかける。

4、
ごく少量の塩を振り、オリーブオイルを全体にかける。


桜の花の塩漬けにかなりの塩分が含まれているので塩は本当に少量で。
一切れ味見をしてみてかけてもいいかもしれませんね。

桜のピンク、レモンの黄色、菜の花の緑が春ですね。
簡単で塩とオリーブオイルを出す直前にかければ作りおきもできます。
なのでおもてなしのときにもいいですよ。










その他の桜の花の塩漬けを使ったレシピもよかったら見てくださいね。



ヒラメの桜巻き


DSC_0565_20170308185326335.jpg


こちらもお刺身を使ったレシピです。
とろろ昆布と一緒に巻くだけの簡単おつまみ。
薄く切って巻くのがポイントです。
ピンク色が透けてきれいでこちらもおもてなしにぴったり。



桜エビと桜のお稲荷さん





桜エビを炊き込んだご飯に寿司酢を合わせてお稲荷さんに。
寿司酢を作るときに桜の花の塩漬けを加えて塩の代わりにしています。
飾りにも乗せて春の行楽弁当にぜひ。



桜エビと桜の花の塩漬けの組み合わせは炊き込みご飯でもおいしいです。





こちらはすし飯ではないので酸味と甘みはなし。
おにぎりにしてもおいしいですよ。
ふんわり香る桜の香りがたまりません。






よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。は面白い写真が撮れなかったのでなしです。


先日主人のお弁当に作ったあるものがとてもおいしかったので。



DSC_0602.jpg


レッドカレーペーストを使ったチャーハンです。
レッドカレーペーストは手作り。

器が残念なのは、忙しい日に捨てられる容器にしたかったので。
こちらはスナップエンドウが入っていて、そのままレンジにかけられるという容器。
スジどうするの?と思ったので使わず取っておきました。

チャーハンの味付けはほかにナンプラーやココナッツミルクで。
適当に作ったのでレシピはなく、いつかきちんと作って紹介したいです。

会社でチンしてもらって、食べる直前にパクチーをガッツリ加えます。
半分生で半分火が通ったくらいの山盛りパクチーが最高ですね。

サラダは春雨のヤムウンセン節約バージョン。
エビではなくカニカマを使用。
それに辛くないタイ料理のスープを添えました。


パクチー大好き夫婦です。



ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top