2017
01.19

旨みたっぷり麻婆牡蠣。牡蠣の旨みで調理簡単失敗なしの冬レシピ。

Category: 魚介類の料理
DSC_0292.jpg


今回は旬の牡蠣のレシピです。
旨みが濃いので中華のしっかり味付けともよく合う食材ですね。
麻婆豆腐は我が家ではなかなか主人のほめられレシピになりません。
どうも家庭の主婦が調味料から一から手作りすると旨みが足りないんです。
そんなお悩みも牡蠣を使えばどこかへ吹っ飛びます(笑)
中華の調味料が余っているときに消費にもぜひ。

牡蠣を先にさっと炒めることで中華の油通しのような効果が出てぷりっぷり。
手間のかかる中華をおうちで簡単においしく作れます。



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0291 (2)


☆麻婆牡蠣





牡蠣を再度加えるときは火を通しすぎないよう短時間の加熱にします。
牡蠣がコーティングされているので多少は加熱しすぎても大丈夫ですが(笑)




小さめの中華鍋は調理にはもちろん盛り付けにも便利。
少し火にかけて温めておけばお料理が冷めず今の時期いいですね。









その他の牡蠣を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



牡蠣3種でおうちオイスターバー





生と加熱したものと食べ比べができます。
お店で食べるよりお得にオイスターバー風のお料理が楽しめますよ。



牡蠣の酒蒸し湯豆腐


DSC_0624.jpg


牡蠣の旨みをお豆腐が吸ってとってもおいしくなるんです。
酒蒸しすることで牡蠣もふっくらしておいしいですよ。



牡蠣のガーリック照り焼き


DSC_0098のコピー


バターを使っているのでコクも出ます。
甘辛い味は大人も子供も好きですよね。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。



IMG_2411 (2)


連結する3匹。

チモシーを食べるうずらのお尻にあずきがくっついてあったまる。
そのあずきのお尻にささげがくっついてあったまる。
珍しくうずらが端っこにいます。
うずらはいつもあずきとささげの間に無理やり自分を捻じ込むので(笑)
お年を召したあずきとささげはとっても寒がり。
ですが子供のうずらは全然寒くないみたいで1匹で元気に走り回ってたりします。

そんなうずらもだいぶ我が家というか私たちに慣れてきてくれたみたい。
手に乗っても全く落ち着かなくてどこかへ逃亡を図ってばかりでしたが。
今朝は主人に抱っこされてピロピロ気持ちよさそうな鳴き声を発してたそうで。
先ほどは私に抱っこされて縦の状態でピュー、ピューと言いながら寝てました。
かわいい❤





ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top