2017
01.14

彩りなめろう。お刺身の切り落としで節約おいしいおつまみのレシピ。

Category: 魚介類の料理
DSC_0266 (2)


今回はお刺身の切り落としを使ったレシピです。
スーパーでたまに見かける、色々種類が入ってお得な切り落とし。
私はなめろうにして3人前くらいの量を¥399で購入。
お刺身を食べると思ったらかなり激安ですよね。

そのまま出すとちょっとわびしい感じもします。
なので細かくたたいてしまえば元の形は関係ないですね。
言わなければご主人も気づきません(笑)
私は言っちゃったけどね。

全部混ぜてたたいてもおいしいです。
が、今回は遊び心を交えて別々にしてみました。
ちょっと見た目が面白くなります。



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0266_201701141835035ba.jpg


☆彩りなめろう


【3~4人分】

・お刺身の切り落とし・・・1パック(200gくらいでした)
・長ねぎ・・・5cmくらい
・しょうが・・・少々(チューブでもOK)
・大葉・・・2枚くらい
・味噌・・・大さじ1~
・酒・・・少々


お刺身は大体一人分50gくらいあればOK。
多めにできたら翌日なめろう丼にどうぞ。
味噌は大体お刺身200gに対して大さじ1くらい(味噌の塩気にもよる)。
なのでお刺身の量によって加減します。


【作りかた】

1、
ねぎとしょうがはみじん切り、大葉は千切りにする。

2、
刺身は種類、色によって分ける。
(今回はマグロ、サーモン、おそらく鯛、タコとイカは一緒にしました)
それぞれ別々に細かくたたく。

3、
マグロにはしょうが、サーモンとタコいかにはねぎ、鯛には大葉を加える。
(もちろん好みでこの通りでなくても全然OK)
味噌を刺身の量に合わせて加え、酒も加えて混ざるまでたたく。

4、
皿にこんもりと盛り付けてあればごまを振る。


盛り付けたあと違う盛り付けにしたほうが良かったことに気づきました。
ちょっとビジュアルが・・・
長皿に並べて盛り付けたほうが良かったかと。
見た目も味のうちですからね。
失敗は明日の糧に・・・なってるかなぁ。



ネットでなめろうが売ってました。
本当に今の世の中ネットで何でも買えるんですね。









その他のなめろうを使ったレシピもよかったら見てくださいね。



味のなめろう丼。出汁かけもおいしい。





江の島の人気定食屋さんの真似をして、出汁付き。
出汁は味の中骨で取ります。レシピもあるのでぜひ。
1度で2度おいしいどんぶりです。



さんが焼き


DSC_0241.jpg


なめろうが余ったときは焼いてもおいしいです。
味が付いているので本当に焼くだけ。
なめろうを焼いたものをさんが焼きと言います。



最後に、少し変わったなめろうもおいしいですよ。


赤貝のなめろう


DSC_0144_edited-1.jpg


赤貝の、あればヒモを使ったなめろうです。
これがまたオツな味で、貝好きにはたまりません。
ごはんもお酒も進みます。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。


最近うずらの画像ばかりですが。
我が家に来たばかりのときにたくさん撮っておいて良かったです。
すっかり慣れて馴染んだうずらはとにかく落ち着きがありません。
なので最近は全然写真が撮れないのです。


IMG_2351 (2)


チモシー入れのチモシーがなくなったら入るうずら。
底にたまっているのを独り占め?すっぽりハマっています。
このとき主人の実家で義父母や義弟家族と食事していたのですが。
主人が「見て見て!うずらが面白いことしてる!」っていうもんで。
会話を中断して撮影タイムにしてしまった私は長男の嫁です(笑)

この日の主役は言うまでもなくうずらでした。
みんな初めて見たからね。
それもそのはず、その時うずらはまだ我が家に来て2日くらいでしたからね。





ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top