2016
12.22

厚揚げと湯葉と卵のお味噌汁。大豆製品でほっこり温まるレシピ&今年の味噌仕込み。

DSC_0158のコピー


今回は基本の和食、お味噌汁のレシピです。
レシピというほどのものでもないですが(笑)
私の大好きな組み合わせのお味噌汁です。

普段はお味噌汁に卵を入れないのですが、おかずにもなるしいいですね。

湯葉は生湯葉を使うとトロリとした食感がたまりません。
ですが乾燥湯葉を戻したものでもOKです。

今回は今年のお味噌の仕込みも紹介します。
しまう場所と気力と体力があればだれにでも作れますよ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。




DSC_0159_201612222008151b3.jpg


☆厚揚げと湯葉と卵のお味噌汁


【材料 2人分】

・だし汁(我が家は煮干し)・・・300cc
・厚揚げ・・・1/2~1枚
・生湯葉・・・50gくらい
・卵・・・2個
・好みの味噌・・・適量
・青ネギ・・・少々


その他キャベツや玉ねぎなど好みの野菜を加えてもおいしいです。


【作り方】

1、
厚揚げは油が気になる場合熱湯をかけて油抜きをする。
もちろんしなくてもOK。
半分に切ってから7~8mmの厚さにスライスする。
湯葉は適当な大きさに切る。

2、
鍋にだし汁を入れて火にかけ、沸騰したら厚揚げを加える。
再沸騰したら卵を静かに割り入れて、中火で好みの固さになるまで煮る。

3、
湯葉を加え、味噌を溶いて加える。
盛り付けて刻んだネギを散らして出来上がり。



生湯葉に豆乳が入っている場合は加えます。
まろやかさがプラスされてよりおいしくなりますよ。




今日はお味噌の仕込みをしました。
今年で3回目くらいかな。
初年度からうまくいったので毎年作り続けています。

今年も昨日から大豆を水につけておきました。


【材料 出来上がり4kgくらい】

・大豆・・・1kg
・麹(米でも麦でも豆でも)・・・1.3kg
(麹は大豆と同じ量~倍くらいまで好みで増減します)
・塩・・・530g(好みで増減)


塩を減らせば甘めになりますがカビやすいリスクがあります。
逆に塩を多めにすると塩分濃度は高くなりますが保存しやすいです。


*その他必要なもの
・アルコールスプレー(または焼酎をスプレー容器に入れる)
*アルコール度数の高いウォッカなどでもOK
・5~10リットルくらい入るせとものの甕または


【作りかた】

1、
大豆はよく洗い、たっぷりの水に一晩~1日浸けておく。
かなり増えるので大きめの容器を使うのがおすすめ。

2、
浸けておいた水ごと大きな鍋に入れて火にかける。
また大豆が水を吸うのでたっぷり水も加える。

DSC_0168_201612222008168a5.jpg

こちらは我が家で最大の36cmのお鍋。
縁くらいまで水を入れたほうがいいので吹かないように気を付けて。
沸騰したら弱火に落としてアクを取りながら3~5時間ゆでる。
親指と小指で大豆を挟んでみて簡単につぶれるくらいになればOK。
ゆで汁を300ccくらいとっておいてざるにあげて水けを切る。

2、
大豆をゆでている間に麹と塩を混ぜる。

DSC_0169_20161222200818745.jpg

保存食なのでできれば手袋をして。
塩麴を作るときの要領で握って崩れないくらいまで混ぜる。


3、
大豆をポテトマッシャーなどでつぶす。

DSC_0170_20161222200819d19.jpg

厚手にビニール袋に入れて踏んだりビンでたたいてもOK。
ひき肉器があれば楽みたいです。
フードプロセッサでもできますが、かなり大変みたいです。
マッシャーでやるのも結構疲れます(笑)

4、
つぶした大豆と麹を混ぜる。

DSC_0171_20161222200847376.jpg

鍋からあふれそう(笑)
家にある最大の容器で作ることをお勧めします。
ここも手袋をしたほうがいいですね。

5、
味噌団子を作る。

DSC_0172_20161222200848a0d.jpg

ハンバーグを作る要領でキャッチボールしながら空気を抜きます。
空気が入っているとカビるのでここは丁寧に。
子供のころの泥団子を作ることを思い出すと楽しいです(笑)

6、
アルコール消毒した保存容器(できればせともの)に投げ入れる。

DSC_0173_201612222009036ef.jpg

力いっぱい、日ごろのストレスを思い出して投げつけます。
これも空気を抜くために重要なポイントです。
が、普段ストレスのない私は力が入り切ったか不安(笑)

容器はプラスチック製の漬物容器でもOKです。
が、せとものの漬物容器は腐食する心配がないのでおすすめ。

7、

容器の周りについた味噌をきれいにふき取る。
さらにアルコール消毒したキッチンペーパーなどでもう一度拭く。
味噌の表面にもアルコールスプレー(または焼酎をスプレーに入れて)する。
あれば経木などを味噌の表面にぴったり張り付ける。
さらにラップも同じように空気が入らないようにぴったり張り付ける。
その上に重量の半分くらい(2kgくらい)の重石を乗せる。
ラップできっちり覆う。

DSC_0174_20161222200905c7f.jpg

この上から新聞紙をかぶせて、なるべく外気に触れないようにしっかり縛ります。
フタをしてさらに新聞紙で覆うと安心。


これで仕込みは終わり。
このまま1年ほど置きます。
できれば夏くらいに天地返しをします。
一度全部出して混ぜ、また味噌玉を作って入れます。
後の工程は同じで冬まで置きます。

もし表面にカビが出ていたらそこだけ取り除けばOK。
多めに取り除くと安心です。


おいしいですよー。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!





すべてセットになっているものもあります。
あとは自分の気力次第(笑)
手作りのお味噌はおいしいですよ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

手作り味噌セット(10Lポリ樽付)
価格:3780円(税込、送料別) (2016/12/22時点)









具だくさんサンドのレシピブックにレシピを掲載していただいてます。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レシピブログの大人気具だくさんサンドBEST100
価格:842円(税込、送料無料) (2016/10/6時点)




購入はこちら。

▼楽天ブックス

http://books.rakuten.co.jp/rb/14412089/


▼Amazon

https://www.amazon.co.jp/dp/4800262151/


よかったら見てみてくださいね。






ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top