2015
05.06

3行レシピ。いくらでも食べられる「里芋の唐揚げ」ベジつま

Category: 野菜の料理


ご訪問ありがとうございます。
今回は「簡単おつまみレシピ」参加の野菜を使ったお料理です。
名付けて「ベジつま」。
材料も手順も少なく簡単にできて野菜だからヘルシー♪
一品足りない時にでもすぐに作れるのでぜひお試しください。










☆里芋の唐揚げ

 【材料 2人分】
◆里芋・・・300gくらい(中5~6個)
醤油・・・小さじ1
◇みりん・・・小さじ1/2
◇酒・・・小さじ1/2
◇おろしにんにく・・・少々(お好みで)
◇おろししょうが・・・少々(お好みで)
◆唐揚げ粉・・・大さじ1くらい
◆揚げ油・・・適量

 【作りかた】
①里芋は皮をむき、1cmくらいの厚さにスライスして水から箸が通るまで茹でます。
②ざるにあげ、水気を切った里芋に◇印の調味料をからめて10~30分置きます。
③もう一度水気を切り、唐揚げ粉をまぶして180℃くらいに熱した油で揚げます。
*里芋には火が通っているので表面が色づけばOK。なので高温の油で揚げます。
*唐揚げ粉を使わない場合は漬け込むときに塩を小さじ1/3くらい加えて、片栗粉と薄力粉を半々でまぶしたものを付けて揚げます。

里芋なのでお肉より罪悪感が少なく食べられて、もちろんとてもおいしいです。
我が家では里芋を頂くことが多いので、お肉の唐揚げよりよく作るかも。
以前働いていたお店のパート仲間さんに教えたら翌日「足りなかった!」と喜んでもらえたこともあるんです♪










他の里芋のおつまみはこちら



お野菜だけ「和ポトフ





















今日は暦の上では「立夏」だそうですね。
午前中ちょっとガーデニングをしていただけで首が火照ったので焼けちゃったかも。
すぐに真っ黒になるのが10代のころは良かったですが、今は困ります。
なぜあのころあんなに黒いのが流行ったのか今となっては謎ですね。
と、人間もだいぶ薄着でよくなってきたこの時期なのに、我が家のネズミは相変わらず。




なぜか互い違いになって寄り添ってお昼寝している我が子たち。
いい加減暑かろうと思うんですけどね。
あずきは今朝主人の手の中で抱っこされて寝てたし、ささげは主人のTシャツの中におしりだけ入っておんぶひもされた赤ちゃんみたいになってるしで毛むくじゃらのくせに寒くないみたいです。
なんて言って、やっぱり抱っこされてくれるのは可愛いのでいつまででも寄ってきてほしいんですけどね^^




おいしくダイエット





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/185-5b92f067
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top