2016
12.01

絶品スープ、牛テールと下仁田ネギの煮込み。ねぎがとろとろのうまみたっぷりレシピ。

Category: お肉の料理
DSC_0021_20161201193955ed4.jpg


今回はちょっと珍しい牛テールと下仁田ネギのレシピです。
牛テールは品ぞろえの豊富なお肉屋さんで売ってたりします。
無ければネットでも手に入ります。
または牛すね肉で作っても。
牛すね肉はスーパーでシチュー用として売っています。

そしてネギがおいしい時期。
先日の群馬一拍旅で下仁田ネギを購入してきました。
煮込むとトロトロになって甘くておいしいの。
手に入らない地域では長ネギで作っても。
味付けは塩だけ、超シンプルなのに絶品のうまみです。



ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。




DSC_0024 (2)


☆牛テールと下仁田ネギの煮込み


【材料 2人分】

・牛テール・・・300g(縮むので多めに)
・下仁田ネギ・・・2~3本
・塩・・・小さじ1~
・GABANあらびきガーリック
・ネギの青い部分・・・1本分
・しょうが・・・ひとかけ



【作りかた】

1、
牛テールは沸騰したお湯に入れて15分ほど下茹でする。
いったんお湯を捨ててテールをぬるま湯で洗う。

2、
ネギの青い部分は適当な長さに、しょうがはスライスする。
鍋にテール、たっぷりの水、ネギの青い部分、しょうが、あらびきガーリックを入れる。
塩の半量も加え、火にかけ沸騰したらアクを取りながら弱火で柔らかくなるまで煮る。
途中水が減りすぎたら足す。


ガスで煮込む場合最低でも3時間、だいたい5時間くらいかかります。
そんなに長い時間煮込んでられない!という場合圧力鍋を使います。
30分ほど加圧すればホロホロになります。
アクが大量に出るのでアクとりシートをかぶせてくださいね。

3、
ネギの青い部分、しょうがを取り除く。
下仁田ネギを葉ごと3cmくらいの長さに切り、加える。
ネギが柔らかくなるまで煮込んで味を見て足りなければ塩を足す。
仕上げに好みでブラックペパーをたっぷり挽く。


ネギの青い部分をローリエに変えると洋風な香りになります。
塩を減らして醤油を少々加えても。
とにかくシンプルに味付けするのがテールのうまみを味わえます。



その他の牛テールを使ったレシピもよかったら見てくださいね。



テールシチュー


DSC_0171_2016090619302697f.jpg


ビーフシチューのようにデミグラスソースで煮込んでもおいしいです。
こちらはしっかり味付けするので圧力鍋で簡単に煮込みました。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒毛和牛 テール 500g スープ 02P01Mar15
価格:1899円(税込、送料別) (2016/12/1時点)








具だくさんサンドのレシピブックにレシピを掲載していただいてます。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レシピブログの大人気具だくさんサンドBEST100
価格:842円(税込、送料無料) (2016/10/6時点)




購入はこちら。

▼楽天ブックス

http://books.rakuten.co.jp/rb/14412089/


▼Amazon

https://www.amazon.co.jp/dp/4800262151/


よかったら見てみてくださいね。








今日のデグこ。



IMG_2005 (2)


あずきー!そんなにあったまりたいかー!?
と突っ込みたくなるくらい変な姿勢で暖を取ってました。
片足だけ足場にかけて大股開き・・・女の子なのに。
しかも前足はしっかりケージをつかんでる。

そしてその横であったかいんだかあったかくないんだか謎なささげ。
あずきにくっついていればあったかいのかな。

かなり笑える状態だったのですがかわいそうなので。
写真を撮った後もっと寛いであったまれる場所にひよこ電球を移動。
我が家はひよこ電球にパネルヒーター2台にとぜいたく。
寒がりなのでしょうがないなと思っています。





ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top