2016
10.13

「カキとカニの昆布巻き天ぷら」おうちで簡単小料理屋さんのレシピ。

Category: 魚介類の料理
DSC_0403_20161013203213fee.jpg



今回はちょっと変わった天ぷらです。
衣の前にとろろ昆布を巻いてあるんです。
昆布で旨みがプラスされて簡単なのにおいしいー。
そして包まれるので食材がふっくら仕上がります。

昔とろろ昆布好きが高じて作ってみたレシピです。
あまりの美味しさに自分で悶絶したほど(笑)

カニはカニカマでもOKですよ。
カキ以外お好みの魚介類でもOKですよ。





ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Inustagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0402.jpg


☆カキとカニの昆布巻き天ぷら


【材料 2人分】

・カキ(加熱用)・・・ひとパック(8~10個)
・カニ(茹で、むき身、脚)・・・6~8本
・とろろ昆布(あればおぼろ昆布)・・・適量
・天ぷら粉・・・1カップくらい
・水・・・適量
・揚げ油・・・適量

・ししとう
・レモン
・塩


【作りかた】

1、
カキは塩水で優しく洗ってキッチンペーパーなどで水けをふき取る。
バットなどにとろろ昆布を敷いてカキとカニの全体に巻き付ける。

2、
天ぷら粉を水で溶いてホットケーキくらいの固さにする。
揚げ油を170℃くらいに熱する。
(天ぷら粉を少量落としてみて沈みかけてすぐに表面を走るくらい)

3、
とろろ昆布が取れないように丁寧に衣にくぐらせて揚げる。
カキは3分くらい、カニは表面がカリッとなればOK。
油を切ってさっと揚げたししとう、レモン、塩を添える。


カキの小さい実が入っている場合はふたつ抱き合わせて昆布を付けます。
大きいものとサイズがそろうので火の通りが均等になりますよ。



そのほかのカキを使ったレシピもよかったら見てくださいね。



カキ3種のレシピでおうちオイスターバー





カキがたくさんあるときは色々作っちゃいましょう。
どれも簡単ですぐ飲めるレシピです。
日本酒にも、ワインにも合いますね。



カキのガーリック照り焼き


DSC_0098のコピー


とっても簡単なのにカキがふっくらおいしいです。
カキと赤ワイン?と思われる方も多いでしょうが。
来月解禁になるボージョレ・ヌーヴォーによく合うんですよ。
ブルゴーニュワインにも合ったような気が。
だまされたと思ってぜひ。






よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!




とろろ昆布でも作れますがおぼろ昆布があると便利。
おぼろ昆布はほろほろしてないのでこういうお料理にぴったり。








具だくさんサンドのレシピブックにレシピを掲載していただいてます。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レシピブログの大人気具だくさんサンドBEST100
価格:842円(税込、送料無料) (2016/10/6時点)




購入はこちら。

▼楽天ブックス

http://books.rakuten.co.jp/rb/14412089/


▼Amazon

https://www.amazon.co.jp/dp/4800262151/


よかったら見てみてくださいね。









今日のデグこ。



DSC_0379 (2)


ものすごく変なところで固まるあずき。
右足だけささげの居るステージに乗ってます。
それ以外はケージの扉の細いふちに。
しかもそんな不安定な場所にいるのにささげが乗っかってます。

あずきは怖くて固まってるんじゃありません。
運動神経もバランス感覚も抜群の子なので、これで寛いでるんです。



DSC_0377 (1)


下から見ると余計変。
っていうか見てるこっちが怖いー!

ささげが上から「母ちゃん何してんの?」と見下ろしています。

変なところが好きなあずきとささげでした。




ではまた明日。
















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top