2016
09.15

埼玉の郷土料理「ずりあげうどん」って知ってる?&福島旅行part1

DSC_0220_20160915195124688.jpg


今回は簡単にできるうどんのレシピです。
全国的に有名な釜揚げうどんと似ています。
が、名前は「ずりあげうどん」。
鍋などからずりあげて食べるからだそうです(諸説あり)。

埼玉県は香川や秋田に隠れていますがかなりのうどん県。
引っ越してきてお店の看板が「うどん・そば」なことに驚きました。
東京都出身の私は「そば・うどん」のほうが馴染みがありましたから。

そんな私も埼玉県民歴17年くらい、結婚して10年。
すっかりうどんメインに慣れました。

埼玉県内だけでもいろいろなうどんのメニューがあります。
ずりあげうどんは飯能や秩父など西部でよく食べられてますね。
私は住む地域が違いますが簡単でおいしいのでよく作ります。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Inustagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0219 (2)


☆ずりあげうどん


【材料 1人分】

・うどん(生めん、太くてかたいもの)・・・好きなだけ

手に入れば武蔵野うどんを。その他吉田うどんや讃岐うどんもお勧め。

・だし醤油またはめんつゆ・・・大さじ1~
・ねぎ・・・好きなだけ
・鰹節・・・好きなだけ
・卵・・・1個
・すりごま・・・好きなだけ
・ごま油・・・少々
・七味・・・好みで少々


【作りかた】

1、
うどんをたっぷりのお湯で固めにゆでる。
ネギを小口切りにする。

2、
器にだし醤油、卵、ごま油を入れる。
うどんがゆであがったら水にさらさずそのまま食卓へ。
食べるときに好みでネギ、鰹節、ゴマ、七味を加える。
うどんのゆで汁をつけだれにお玉1杯くらい加えてつけながら食べる。


とっても簡単。
ずりあげうどんはこれが正しいレシピというのはないみたいですね。
野菜の天ぷらを添えたり、糧というゆでた野菜を添えたり。
卵を入れずに食べることも多いそうです。

シンプルなんですがだし醤油や鰹節でうまみたっぷり。
忙しい時や食欲のない時にもするっと食べられます。



そのほかのうどんのレシピもよかったら見てくださいね。



アボツナバジルうどん


DSC_0285のコピー


アボカドとツナとバジルをあえてめんつゆとマヨネーズで味付け。
超簡単朝ごはんにもぴったりのレシピです。



鶏しょうがのつけうどん





冷たいうどんを熱々の漬け汁でいただくのも武蔵野スタイル。
鶏むね肉、しょうが、白だしで簡単。
冷房で冷えた体を中から温めます。



ゴーヤの肉味噌うどん





まだまだゴーヤもおいしい季節。
肉味噌を作っておけばすぐ食べられる簡単レシピです。






よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!















今週は月火で福島へ1泊旅行してきました。
久しぶりに高速に乗って一気に福島へ。
うーん、我が家的には下道をのんびりがいいね、と意見が一致。

まずはあぶくま鍾乳洞へ。



DSC_0208_2016091519512120c.jpg


なかなか見事な鍾乳洞です。
ライトアップされて名前も付けられています。



DSC_0204_20160915195119190.jpg


鍾乳洞って感じですねー。



DSC_0202_201609151951182e7.jpg


地底湖?もありました。



DSC_0210_20160915195045b1e.jpg


一番広い場所は高さ30メートルの空洞だそうです。
こんな広い場所が地下にあるなんてびっくりですよね。



DSC_0216_201609151950460a9.jpg


鍾乳洞で熟成したワインもあります。
年間通して15℃ほどだそうで、確かにセラーと同じくらいの温度ですね。






歩きにくいので足元はスニーカーで。
寒いので上着も。
濡れるので古い上着を持っていきました。

こちらのあぶくま洞は通常コースから枝分かれした「探検コース」も。
上の画像はその探検コースの狭くて急な道を歩いているところです。
屈まないと通れない低いところやかなり狭い道も。
探検コースを堪能する場合はきれいな格好はNGですよー。




お昼ごはんは鍾乳洞の近くの温泉施設みたいなところで。


IMG_1438.jpg

「じゅうねんうどん」という荏胡麻を使った漬け汁のうどんです。
ひとつは天ぷらとごはんのついている定食にして半分こ。

細めのつるりとしたうどんと香りのいいつけだれがおいしかったです。



鍾乳洞を堪能してお宿へ向かいます。

それはまた後日。


ではまた明日。


















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top