2016
08.12

見た目も涼しげ「真鯛の塩レモンジュレ」和風カルパッチョなレシピ。

Category: 魚介類の料理
DSC_0134.jpg


今回はお刺身のアレンジのレシピです。
普通に切って出すだけじゃちょっとつまらないですよね。
そんな時にジュレをかけるだけでおいしくきれいに変身。

塩レモンのジュレはほかにもいろいろ使えて便利。
サラダにもかけるときれいでドレッシングが下にたまらくていいです。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Inustagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





国産の白ワインとともに。
お刺身に合うものが多くあります。
私のお勧めは辛口の甲州種です。


DSC_0135_20160811201650a12.jpg


【材料 2人分】

・真鯛やスズキなどの刺身・・・150gくらい
・九条ネギ、万能ねぎ、大葉など・・・少々

<ジュレ>
・水・・・100cc
・塩レモン(細かく刻んだもの)・・・ティースプーン1杯
・はちみつ・・・少々
・醤油・・・5滴くらい
・粉ゼラチン・・・2~3g


【作りかた】

1、
小鍋にゼラチン以外のジュレの材料を入れて火にかける。
周りがふつふつして来たらゼラチンを入れて素早く混ぜる。
濡らしたバットなどに入れてら粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。

2、
真鯛を薄いそぎ切りにして皿に並べる。
ジュレをフォークなどで崩してかける。
ねぎなどを小口切りか千切りにして上に乗せる。



簡単ですが塩レモンでさっぱり。
養殖物の真鯛は脂が乗っているのでよく合います。
もちろんヒラメやスズキなどの少しさっぱりしたお魚でも。



そのほかの白身のお刺身を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



お刺身のキャベツ巻きウニソース


DSC_0029_edited-1.jpg


粒ウニや練りウニなどの安いウニを使ってちょっとごちそう風。
キャベツで巻くことによってお刺身とウニだけより食べやすくかさまし。



スズキの昆布締め&あらい


DSC_0114_2016020519530486e.jpg


上記のレシピのイサキも、このスズキも今おいしいお魚です。
昆布締めはおいしくなるだけでなく日持ちもするので作りおきに。
お魚をたくさんいただいたときなどにも重宝するレシピです。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!
















今日のデグこ。



DSC_0133 (2)


私「お手」
あずき「ハイハイ(ため息)」

しょうがない感満載です。

ちなみにうちの子は何も芸はできません。
たまたま場所取りであずきが私の指に手を乗せただけ。

輪くぐりとかができるデグーもいるみたいですね。
すごいなー。
私はこのワガママコンビに何かを教えようと思ったことすらありません。




ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top