2016
08.11

本格江戸前「天丼」濃くて黒い天つゆがポイントの簡単レシピ。

Category: ごはんもの
DSC_0127_20160811194909427.jpg


今回は天丼のレシピです。
ただの天丼じゃなくて江戸前天丼です。
江戸前の天つゆは初めて見た人はびっくりするくらい真っ黒。
画像だと少し色が薄めですが味はしっかりの本格江戸前です。

こんなに黒くてもしょっぱくないのが不思議。
父が東京下町の私は天丼といえばこの黒い天つゆなんです。
出汁さえしっかりとれば後はとっても簡単。
出汁のとり方もとても簡単なのでここは粉末出汁など使わずぜひ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Inustagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0126_20160811194907d65.jpg


☆江戸前天丼


【材料 2人分】

・ごはん・・・2膳
・好みの天ぷらのネタ・・・好きなだけ
(今回は特大のエビとししとう)
・てんぷら粉・・・適量
・水・・・適量
・揚げ油・・・適量

<天つゆ>
・水・・・150cc
・鰹節・・・軽くひとつかみ
・醤油・・・大さじ2
・砂糖・・・小さじ2
・みりん・・・小さじ2


【作りかた】

1、
天ぷらのネタの下処理をする。
エビは殻をむいて腹側に切り込みを入れ、筋を切るように伸ばす。
しし唐は穴をあける。
その他好みの具材を揚げやすく切る。

2、
天つゆを作る。
鍋に水を入れて沸騰させ、火を止めて鰹節を入れる。
そのまま2~3分おいてから漉す。
漉しただしにそのほかの調味料を入れて煮立たせる。
2/3くらい煮詰めて黒くなったら出来上がり。
ごく弱火で煮立たせないように保温しておく。

3、
てんぷら粉を水で溶き、油を熱して揚げる。
その間にごはんを盛りつけ、天つゆを少しかける。
揚がったらすぐにアツアツの天つゆにくぐらせてごはんに乗せる。



天ぷらの失敗しない詳しい揚げ方はこちら


DSC_0270のコピー


これは春の山菜の天ぷらです。
難しそうな山菜の天ぷらもこのレシピなら失敗なし。



そのほかの天ぷらのレシピもよかったら見てくださいね。



しし唐の射込み揚げ


DSC_0404のコピー


大きくて肉厚のしし唐を使います。
エビのたたいたものと鶏ひき肉が中に入っています。
ふんわりジューシーでしし唐の風味が生きていてお酒にぴったり。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!















今日のデグこ。



DSC_0130 (2)


2匹でおんなじところを見つめています。
何を見てるのかな?

じいちゃん(他界した私の父)でも来てるのかな?
まだお盆には早いけど。

たまーに何もないところを2匹で見ています。
そんな時は父がいるのかなと思ったりするのですが。
残念ながら私にはシックスセンスがないのでわかりません(笑)


今日は主人が帰ってき次第あずきとささげは実家に連れていきます。
旅行の間中母に預かってもらいます。

いつも甘やかされているのでささげが一回り大きくなる気が。
まぁ、いつものおうちと違ってもリラックスしてくれるのでいいとしよう。




ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top