2016
06.28

おうち小料理屋さん「ししとうの射込み揚げ」エビがぷりぷり、ひき肉でジューシー。

Category: 野菜の料理
DSC_0404のコピー


今回は小料理屋さん風な和食のレシピです。
射込みとは、野菜などの中に詰め物をしたお料理のこと。
大きめのししとうが手に入ったので作りました。
大きなししとうがない場合は万願寺唐辛子などで。
ピーマンでもOKですよ。

エビしんじょうを作ろうかと思ったのですが、むきえびが少ししかないー。
ということで鶏ひき肉を加えました。
これが大正解。
とてもジューシーに仕上がりました。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Inustagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0403.jpg


☆ししとうの射込み揚げ

【材料 2人分】

・大ぶりりのししとう・・・10本
*万願寺唐辛子などの場合は6~8本
・むきエビ・・・60g
・鶏ひき肉・・・40g
・天ぷら粉・・・適量
・水・・・適量
・揚げ油・・・適量

<A>
・醤油・・・小さじ1/2
・酒・・・小さじ1/2
・片栗粉・・・小さじ1/2
・塩・・・小さじ1/4


【作りかた】

1、
ししとうは縦に切り込みを入れ、種とワタを軽く取り除く。
(もったいないので全部は取らないでOK)

2、
エビは包丁で細かくたたき、ひき肉と<A>を加えて混ぜる。
粘りが出るくらいまで混ぜたらししとうに詰める。

3、
天ぷら粉を水で溶き、詰め物をしたししとうをくぐらせる。
油を170℃くらいに熱する。
(天ぷら粉少量を落としてみて一度下に沈んですぐ上がってくるくらい)
ししとうを入れて2分くらい揚げる。
(泡が細かくなって高い音がして来たらだいたいOK)


詰め物に濃い目に味付けしているので何もつけなくてもおいしいです。
薄く感じる場合は天つゆなど添えて。



以前も似たようなものを作ってました。
が、こちらはエビとイカですり身を作っています。

エビイカしんじょを詰めた南蛮の天ぷら


DSC_0246のコピー


万願寺唐辛子のような大きくて辛くない唐辛子を使いました。
のつもりだったんですが、予想以上に辛かったこの唐辛子(笑)
トラウマで同じ名前のものは買えません(笑)



牛肉と銀杏のオイスター炒め





秋になったら生のものを炒った銀杏で作りたいところですが。
この時期は水煮のもので、脇役感覚でもOK。
その分旬のししとうをたっぷり入れたらおいしいと思います。



焼きびたし





これは秋に作りましたが、夏でもおいしいですね。
かぼちゃもなすももちろんししとうも。
揚げないで焼いて作りましたが、十分食べごたえあり。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!















昨日は母も連れて3人で山梨に行ってきました。

先々週も行った忍野のうどん屋さんに行って。

そのあと「山中湖花の都公園へ。

この間うどんを食べた後移動中に見つけて気になってました。
結構面白い、珍しい花が咲いてたりします。



DSC_0413.jpg


この時期に菜の花?と思ったら。
「キカラシ」というそうです。
からし・・・アブラナ科ですね。



DSC_0408.jpg


アナベルがたくさんありました。
この辺りは涼しいのでまだほとんど咲いてません。
満開になったら見事だろうなー。



DSC_0405.jpg


滝もあります。
人工だと思いますがなかなかの見ごたえです。



DSC_0409.jpg


滝があるのでそこからの水の流れで水車もあります。


有料エリアの敷地自体はそんなに広くないですが、楽しめます。
遊具もあってお子さん連れにはいいんじゃないでしょうか。
ターザンロープをちょっとやりたかった私(笑)
「やれば?他人の振りするから」と言われた私(笑)

大人は使っちゃダメだそうです。当たり前だ。
って書かれてなくてもやらないわ!


無料エリアはキカラシのほかにカスミソウの畑も満開でした。
切り花ではなく生えている状態のカスミソウって斬新。


そのあと丹波山の道の駅を回って奥多摩経由で帰ってきました。
ちょっと大変なことのあった母。
気晴らしになったみたいでよかったです。




ではまた明日。
















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top