2015
05.21

スパイシーで食欲UP♪「カレー坦々冷やし中華」冷やし中華の簡単アレンジ

Category: 旅行


ご訪問ありがとうございます。今回も冷やし中華です。
続きますが、賞味期限があるのでお付き合いいただければ幸いです。
今回は主人の不思議アイディア「カレー冷やし中華」です。
ただ、ふつうにカレーを乗せたら謎のお料理になってしまいそうだったのでアレンジ。
「冷やし生ラーメン」のゴマだれを使って、カレー味の坦々麺風です。







☆「カレー坦々冷やし中華」

 【材料 1人分】
◆ごまだれ冷やし生ラーメン・・・1人前
◆ひき肉(豚赤身または合いびき)・・・80g
◆甜麺醤・・・小さじ1
◆カレールウ(油分の少ないもの)・・・1個
◆水・・・50cc
◆きゅうりの千切り、白髪ねぎ・・・適量

 【作りかた】
①ひき肉は油をひかずにフライパンに入れて火を点け、中火でポロポロになるまで炒めます。
②甜麺醤、細かく砕いたカレールウ、水を入れて弱火に落とし、5分ほど、水分がなくなるまで加熱します。
③冷やし生ラーメンは表示通り茹でて冷水で締め、しっかり水気を切って盛りつけます。
④麺の上にきゅうりの千切り、②のカレー肉味噌を乗せて添付のスープをかけ、白髪ねぎを乗せて出来上がり。

*今回カレー肉味噌は温かいまま乗せたのでカレールウを使っています。
 冷たくする場合はカレー粉を使った方が脂が白く固まる可能性が低いのでお勧めです。
 その場合は塩を少し加えます。








旅行二日目は朝一番にお風呂に浸かってゆっくりめの朝ごはん。




左端にちょこっと写っているのはビーフシチューです。朝からガッツリ^^
かたまりのお肉ではなく、私の大好きなスジの部分だったのでしっかりいただきました^^
ごはんはキジ雑炊。いいだしが出てました。
そのほかお豆腐ステーキやキノコ焼きなど朝からボリュームたっぷりでお腹いっぱい。

群馬からだと我が家はそんなに遠くないので、ごはんの後も少しのんびりして出発しました。
途中道の駅に寄って欲しかった干しぜんまいをゲット。
煮物にビビンバの具に重宝します。
ちょっとお高めでしたが、義父が「(カゴに)入れちゃえ入れちゃえ」と言ってくれたのでお言葉に甘えて。

そして埼玉県の羽生まで戻ってきて、気になっていたお店、「魚徳」でお昼ごはん。
うなぎや川魚料理が名物のお店です。
うなぎはおいしいお店が地元にもたくさんありますが、私が食べたかったのはこちら。



鯉のあらいです。父が川魚が苦手だったので、大人になるまで食べたことがありませんでした。
地元の隣町に有名な川魚料理屋さんがあって、そちらで初めて食べたんですが、最近そこのお店のうなぎの出てくるのが早すぎることに疑問を抱いてちょっと足が遠のいていました。
どうしても鯉のあらいが食べたい!と言っていたらTVで見つけたこちらのお店。
以前食べたものよりおいしくて感動でした。
〆すぎないのに歯ごたえが良くて、脂も感じられて泥臭くなくて(泥臭くても平気ですが)。酢味噌もさっぱりしていておいしくて、ここはまた来たい!と思わせていただきました。




メインはうな重です。洗いも食べると言うことで、一番小さい並をオーダー。
ですがサラダやフルーツもついていて、これで¥2000弱はお得です。
たれが食べたことのないお醤油の強い味で、これまたおいしい!
うなぎはもちろんふんわり香ばしくて文句なしのおいしさ。
ちょっとお吸い物がイマイチ(市販のお吸い物にお酒を足したような味)でしたが、一番安い並なのでここはしょうがないですね。
上以上は肝吸いらしいので、文句を言うならそっちを頼め、と自分に言い聞かせ^^

今回の旅行はすべての食べ物がおいしくて最高でした。
最後に埼玉県の道の駅に寄って、花苗をたくさん買ってもらって帰ってきました。

ずっと運転してくれた主人に感謝。(私の運転だと義父母が生きた心地がしないでしょうから)
お高い宿泊費にランチにお買い物、すべての支払いをしてくれた義父母にも感謝。

てゆーか私、嫁なのに何にもしないで食べて遊んだだけ~^^
いいのかね、長男の嫁。
主人には「気を遣わせて大変だったと思う」と言ってもらいましたが、同じ敷地に住んでいるので毎日のように顔を合わせるので全然そんなことないし!
義母とはふたりでランチ&お買い物に行くし、義父にはガーデニングや菜園の事を教えてもらっているのでよく話すんです。
毎日とても気楽に過ごしているのにさらに贅沢な旅行までさせてもらって、私って本当に幸せなお嫁さん♪



 レシピブログ(おつまみカテゴリ)に登録しています。
 
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)




おいしくダイエット





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://superslowiegohan.blog.fc2.com/tb.php/170-d39e15d2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top