2016
06.14

スキレットで「ガーリックステーキ」にんにくたっぷり夏バテ予防のスタミナレシピ。

Category: お肉の料理
DSC_0324のコピー


今回はガッツリにんにくを使ったレシピです。
ステーキを焼くときにすりおろしを塗って焼きます。
そしてカリカリほっくりに揚げたものをトッピング。
ダブルのにんにくでスタミナが付きます。

ちょうど今義父が作った新にんにくがたくさんあります。
なので、主人の休みの前の日はたっぷり使ってお料理。
ふたりで臭くなってしまえば怖くない(笑)

そして揚げにんにくの油切りにクックアップクッキングペーパーを使用。
よく油を吸ってくれてとても使い勝手がいいです。
これは今使っているメーカーのものがなくなったら購入するかも。
いいものを頂きました。





ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Inustagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





しっかり水切り料理レシピ
しっかり水切り料理レシピ





DSC_0322.jpg


☆ガーリックステーキ


【材料 2人分】

・牛ステーキ肉・・・2枚(1枚約100~120g)
・にんにく・・・2かけ
・塩・・・少々
・ブラックペッパー・・・少々
行者にんにく醤油または醤油・・・少々
・牛脂・・・少々

・じゃがいも(茹でるかレンジ加熱して皮をむいたもの)
・スナップエンドウ(筋を取り半分にして茹でたもの)


【作りかた】


おいしく焼くために。
ステーキ肉は約30分以上前に冷蔵庫から出しておく。

1、
にんにくは1/2かけくらいをすりおろし、残りはスライスする。
スキレットかフライパンにフライパンに牛脂を入れて火をつけ溶かす。
にんにくのスライスを入れて弱火でカリカリになるまで揚げ炒めする。
(牛脂がない場合サラダ油でもOK)

2、
ステーキ肉はスジを包丁の先で叩くようにして切る。
すりおろしにんにくを全体に塗る。
塩、ブラックペッパーを振る。

3、
にんにくを揚げた牛脂をそのまま熱し、肉の両面を焼く。
普段食べるより早めに取り出し、アルミホイルに包んで5分ほど置く。
(余熱で中まで火を通すことでステーキ肉が固くならない)

4、
残っている油を熱してくし切りにしたジャガイモを焼く。
焼き色がつくまで動かさないことでカリカリに。

5、
ステーキ肉、揚げにんにく、スナップエンドウを盛り付ける。
熱いうちに醤油をかける。


スキレットにはかなり保温力がありますよね。
なのでお肉はいつもの好みの焼き加減だと焼きすぎになります。
ウェルダンしか食べられない場合以外は中はかなり生でOK。
我が家はレア派なので表面に焼き色が付いたらすぐ取り出しています。

このステーキは少し甘めのソースがおいしいので、醤油にみりんを加えても。
照り焼きのたれや焼き肉のたれがあればそれを使ってもおいしいですよ。



そのほかのスキレットを使ったレシピもよかったら見てくださいね。



スキレットで石焼ビビンバ


DSC_0304のコピー


あの焼肉屋さんのビビンバのおこげもスキレットで簡単。
ナムルは作りおきできるのでたくさん作るのがおすすめです。



手羽先のにんにくまみれ焼き


DSC_0250 (1)のコピー


手羽先ににんにくと調味料を揉みこんで焼くだけ。
スキレットがあればグリル料理もしっかり火が通ります。



高野豆腐でチキンのパン粉焼き風


DSC_0233のコピー


高野豆腐をパン粉の代わりに使って糖質ダウン。
食物繊維も摂れて女性にはぴったりです。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!















昨日は山梨に遊びに行ってきました。
もう住んだら?と言われそうなくらい秩父と山梨大好き。


吉田うどんが食べたくて行ってきました。
「美味しんぼ」にも載ったことのある有名店、「渡辺うどん」へ。
大好きなお気に入りのお店が休みだった時にたまたま行ったのが初め。

そのお店とは全然タイプの違うつゆなんですが、おいしくてハマりました。
それからはお気に入りのお店の定休日に山梨に行くときはこちら。



IMG_0875.jpg


肉玉うどんの中。
これだけ色々具材が乗ってすべて手作りで¥550。
安いー!
そしておいしい。
優しいだしのきいたつゆに甘辛く煮込んだ馬肉。
わかめにシャキシャキキャベツに味のしみたお揚げも最高。

大でもよかったなー。
男性はみなさん大や、プラス替え玉を注文されてます。
女性は中が多いですね。
ですが私はうどん、お蕎麦はなぜか異常に食べるので(笑)


おいしかったー。
この日はありえないほどの大勢の中国人らしき観光客が。
私たちはちょうど帰るところだったので良かったです。
鉢合わせしたらたぶんお店に入れなかったので。
運もよかった。


そのあとは行ったことのない温泉へ。

牧丘の「はやぶさ温泉」。

小さな温泉宿のような、日帰り感のない建物です。
今まで全く知らなかったこちら。

何で知らなかったんだろう!と後悔するほどでした。
2時間¥600という激安(しかも受付の方が余裕をもって時間を言ってくれる)。
そんなにやすいのに源泉かけ流し、循環ろ過、消毒一切なし。
これを我が家は求めているのよー。

源泉は42℃なので浴槽ではそんなに熱くなく、ずっと入っていられそう。
ほんのり硫黄の香りがして、ぬめりがあって最高のお湯です。

そして常連らしいおばあちゃんがコップをもって私のもとへ。
「この温泉は飲めるから、若い子はもっときれいになれるから」
とすすめてくれまして。
源泉の出ているところから汲んでくれたみたいです。
こういうふれあいもいいですね。

気持ちよかったー!


いつものコースですが、新しい温泉を見つけてとても得した気分でした。




ではまた明日。
















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top