2016
06.02

作りおきできる「そら豆と生ハムのマリネ」デリの味をおうちで楽しめるレシピ。

Category: 野菜の料理
DSC_0210のコピー


今回は旬のそら豆を使ったレシピです。
そのまま塩ゆでや焼いたものもとてもおいしいですよね。
ひと手間加えるとまた違ったおいしさが楽しめます。

簡単に今の時期デパ地下デリでも見かけそうなお惣菜に。
冷蔵庫で3日ほど保存できるので作りおきにも。
食べる直前にお酢を加えるのでそら豆の色も鮮やかなまま。
さっぱりしていて白ワインによく合います。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Inustagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。




DSC_0212_20160602185704964.jpg


☆そら豆と生ハムのマリネ

・糖質は約8gです。


【材料 2人分】

・そら豆(さやから出したもの)・・・150g
・生ハム・・・50g
・玉ねぎ・・・100g
・塩・・・小さじ1/4
・砂糖・・・少々
・こしょう(あればホワイトペッパー)・・・少々
・オリーブオイル・・・小さじ1~大さじ1
・ワインビネガー(または酢)・・・大さじ1くらい


【作りかた】

1、
そら豆は塩少々を加えた熱湯で2~3分茹でる。
すぐに冷水にとって色止めをし、冷めたら薄皮をむく。
さらに水に浸けて完全に冷ます。

2、
玉ねぎは繊維に沿った薄切りに、生ハムは適当な多きさに切る。
保存容器などに玉ねぎ、塩、砂糖を入れて混ぜる。
少ししんなりしたら生ハムとそら豆も加えて混ぜる。

3、
そのまま冷蔵庫で1時間以上置いて玉ねぎの辛みを飛ばす。
食べる直前にワインビネガーを加えて混ぜる。


作りおきせずにその日のうちに食べる場合はワインビネガーも入れてOK。
あとで入れるのはそら豆の色をキープするためだけなので。



そのほかのマリネのレシピもよかったら見てくださいね。



デリ風イカのマリネ


DSC_0089のコピー


粒マスタードが味付けのポイント。
デパ地下のデリの味がおうちで簡単に作れます。



たけのこの和風マリネとウドのマリネ


DSC_0243のコピー


和食に偏りがちな山菜を洋風に。
たけのこのマリネはお醤油が入った和風ベースですがワインと合います。



タコのマリネ


DSC_0248のコピー


茹でダコと夏野菜のさっぱりマリネです。
実家の定番のおかずで、私はお醤油を入れた味にアレンジ。
作ってすぐより少し置いたほうが味がなじんでおいしくなるので作りおきに。






よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!





激安!!業務用生ハム切り落とし500g
価格:1450円(税込、送料別)











昨日は毎年恒例、湘南江ノ電散策をしてきました。

パーク&レールライド」が便利。
駐車場の料金(時間制限あり)と江ノ電の料金がセットになっています。
停める駐車場によって江ノ電の乗れるエリアが違うので要チェック。


我が家は江の島に車を止めました。
ここより鎌倉寄りの駐車場は国道が混むのでおすすめです。


車を止めたら江の島方面に歩いてまずはランチだビールだ!
(私は近所と山道しか運転しないので車で来ても関係なし)


近くの超人気店は近所のショッピングモールのフードコートにあるのでスルー。
そのフードコートでも食べたことはありませんが(笑)

ものが同じなら穴場のおいしいお店に行ったほうが時間の節約ですしね。

食堂のいのうえ

同じ江の島の「ゑじま」や腰越の「義経(ぎけい)庵」のような小さなお店。
人気有名店よりこういうところが我が家は好き。



DSC_0214_20160602185709fce.jpg


生シラス定食¥1100
生シラスがたっぷりでこのお値段は超お得。
ほかの自家製の塩辛、シラスと玉ねぎのかきあげ付き。
かき揚げはなんだかふわふわで衣が多くて、?でしたが。
生シラスがピチピチでおいしいー!
あとはお味噌汁のわかめがすごくおいしいのにびっくりしました。
腰越はわかめが有名。
今度来た時に探してみようと思います。

しかも料理を運んできてくれたおばさんがとても世話好きっぽい親切な方。
料理を作っている大将もとても愛想のいい方で小さいけど素敵なお店でした。


お腹いっぱい。
江の島の駅で駐車券を見せて「パーク&レールライド」のチケットを購入。

江ノ電に揺られていつもの鎌倉高校前駅で・・・今回は降りません。
海沿いを工事していたので、終わったらまた撮影に来ます。



DSC_0215_2016060218570338b.jpg


極楽寺のトンネルとまだ咲いてない紫陽花。
ピーク時は混むので我が家はいつも紫陽花のが咲いてない時期に来ます。



DSC_0217_20160602185709f78.jpg


鎌倉文学館も毎年来ています。
今年はもうバラは終わりかけ。
ですがまだまだ見事に咲いている株もありました。


長谷寺や大仏様などのメジャーどころも我が家はスルー。
私は小学校の修学旅行で来ましたし。
何年か前に主人とも来ましたし。

鎌倉まで江ノ電に乗って穴場のお寺や神社に。



DSC_0219_20160602185727248.jpg


苔の階段。見事です。
こういう穴場スポットは欧米系の観光客の方が多いです。
メジャーどころはアジア系の方が多いんですよね。
不思議。



DSC_0222_2016060218572858a.jpg


えーっと、名前を忘れてしまいましたが、こちらも苔のお庭が見事。
白人さんが苔むした石燈籠を一生懸命撮影されてました。
目の付け所が私たち日本人とは違って、そういうシーンを見るのも楽しいです。


そのあともう1か所穴場神社に行って帰りはさすがに鎌倉駅までバスに乗りました。

江ノ電は駅と駅の間が短いです。
なので途中で観光したりするとそのまま次の駅まで歩いたり。

そういうわけでかなり歩いて疲れたんですもの。
ちゃんとした万歩計ではないので誤差はあると思いますが。
iPhoneによると昨日は12km、2万歩以上歩いてました。

さすがにスニーカーでしたが足が痛くなりました。

今日は元気です。まだまだ若い(笑)

主人には申し訳ないですが、次回は途中でもう1杯ビール飲みたいな。




ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top