2016
05.31

おうちビストロ「イノシシのグリルと彩り野菜」ジビエを手軽においしくいただくレシピ。

Category: お肉の料理
DSC_0206のコピー


今回はジビエのレシピです。
豚ヒレ肉やモモ肉でもOK。
ですが手軽に冷凍のジビエがネットで簡単に手に入るのでぜひ。
おうちでビストロ風の味が楽しめます。

イノシシはクセがあるイメージですが、意外と食べやすいんですよ。
今回はあっさりしたろーすの部分を使いました。
モモでも同じように作れます。

ぼたん鍋やみそ焼きが定番のイノシシ。
簡単な調理法でお店の見栄えに仕上がります。





ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Inustagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





DSC_0204_20160531201246912.jpg


☆イノシシのグリルと彩り野菜

・糖質はほぼバルサミコ酢の分だけなので控えめです。


【材料 2人分】

・イノシシロース肉(または豚肉)・・・200~250g
・塩・・・小さじ1/4
・ブラックペッパー・・・少々
・ガーリックパウダー・・・少々
・サラダ油・・・少々
・醤油・・・小さじ1
・バルサミコ酢・・・小さじ2

・パプリカ(赤、黄)・・・各1個
・新じゃが・・・2個
・アスパラガス・・・2本
・にんじん・・・少々
・バター・・・少々


【作りかた】

1、
肉に塩、ブラックペッパー、ガーリックパウダーを全体に振ってまぶす。
フライパンにサラダ油をひいて熱し、肉の全面に焼き色を付ける。

2、
耐熱性のあるファスナー付きポリ袋に醤油とバルサミコ酢を入れる。
肉も入れてなるべく空気を抜きながら口を閉じる。
70~75℃をキープしたお湯に入れて20分加熱する。
そのまま人肌程度の温度まで放っておく。

3、
パプリカは丸ごと200℃のオーブンで20~30分焼く。
グリルは焦げて苦みが出るのでNG。
全体が柔らかくなったら皮をむき、種とヘタを取る。
1cm幅くらいに切る。

4、
新じゃがは皮をむいて柔らかくなるまで茹でる。
新じゃがをあげる少し前に薄くスライスしたにんじん、アスパラを加える。
にんじんとアスパラも柔らかくなったらざるにあげる。

5、
ジャガイモはバターを熱したフライパンで表面がカリッとするまで焼く。
にんじんでアスパラを巻く。

6、
肉を取り出し、マリネした醤油とバルサミコ酢をひと煮立ちさせる。
とろみが欲しればコーンスターチか水溶き片栗粉を加える。

7、
野菜とソースを盛り付け、大き目に切った肉も盛り付ける。




そのほかのビストロ風?レシピもよかったら見てくださいね。



ラムとホワイトアスパラのグリル


DSC_0014のコピー


こちらもラムを同じように表面だけ焼いています。
中がレアでも食べられるので、火を止めた熱湯にドボン。
冷めるまで置いておくだけ。
とても簡単です。



牛タンの赤ワイン煮込み プルーンソース


DSC_0192のコピー


じっくり煮込んだ牛タンは焼いたものとはまた違う食感。
洋食屋さんのタンシチューより簡単で十分おいしいです。



豚肉のロースト風





添えたいちぢくと一緒にいただきます。
お肉とフルーツはワインに合いますね。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!
















今日のデグこ。



DSC_0209_20160531201248dcc.jpg


朝の「出せー!」からのまったり。

何を見ているのかな?

最近は寒い時期のようにずっと手の中で寝てたりしません。
しばしまどろんだあと、いきなり飛び出して行って部屋んぽします。
まさに、「ネズミが出た」状態。



明日は鎌倉に行こうかと話しています。

ではまた明日。















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top