2016
05.28

お寿司のためのワインと「マグロとイカの手まり寿司」ワイン通でなくても大丈夫なフランスと日本の素敵なマリアージュ。

Category: ごはんもの
DSC_0194_edited-1.jpg


今回はおうちで手軽に作れるてまりずしです。
握りは職人さんでないと無理。
ですがてまりずしなら軽く丸めるだけなので簡単。

人数が多ければいろいろなネタを揃えられますが、2人だとね。
ということで、マグロとイカ、紅白な組み合わせになりました。

日本酒もいいですが、ぜひ「お寿司に合うワイン」と。
通常白ワインはイカやマグロと合わないとされています。
ワインに詳しいスタッフさんのいるお店に行って聞いてみるのも手。
私は「神の雫」に掲載されていたものをミーハー心で購入(笑)
とてもよく合いましたよ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Inustagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。




DSC_0195_20160528200853022.jpg


☆マグロとイカの手まり寿司


【材料 2人分】

・固めに炊いた炊き立てごはん・・・1合分

<すし酢>
・酢・・・大さじ1と1/2
・砂糖・・・大さじ1/2~1
・塩・・・小さじ1/4
*この割合は割と薄味です。好みの味に加減してください。

・イカ・・・スルメイカなら1ハイ、剣先イカなら1~2ハイ
・マグロ・・・ひとサク(100~120g)

<マグロのヅケのたれ>
・醤油・・・大さじ1
・みりん・・・小さじ1/2~1
・酒・・・小さじ1/2~1

・青じそ・・・適量
・いりごま・・・少々
・おろしわさび・・・少々


【作りかた】

1、
マグロは寿司ネタくらいの厚さにスライスする。
ヅケのたれを混ぜ、10~30分漬け込む。

2、
すし酢の材料を混ぜ合わせて砂糖と塩を溶かす。
炊き立てのごはんに加え、仰ぎながら混ぜて一気に冷ます。
冷たくなるまでではなく人肌程度まで冷めればOK。

3、
イカは足を引っ張って内臓を外し、銅の中をきれいにする。
表裏皮をむいて面倒でなければ松笠に切り込みを入れる。
寿司ネタくらいの大きさに切り分ける。


今回イカのゲソは使いません。
吸盤をしごき取ってさっと茹で、しょうが醤油でいただくとか。
オクラと和え物にするなどします。

4、
酢飯をお寿司1貫の半分くらいの大きさに丸める。
固く丸めすぎるとおいしくないので力を入れずに軽く。
シャリにわさびを少量塗り、切ったネタを乗せる。
イカは間に半分に切った青じそを乗せ、仕上げにごまを振る。
マグロはわさびを塗らず上に乗せても。


マグロは味がついているのでそのままで。
イカはお醤油をつけていただきます。



IMG_0748.jpg


ドメーヌ・ミットナット・フレール キュヴェ・ギョタク2013

フランスワインですが魚拓という名前でエチケットも魚拓。
醸造家の奥様が日本人のもとシェフだからだそうです。
お寿司の酢飯、ネタ、醤油、ガリにまで合うように作られたワイン。

そういえば、イカが生臭く感じないどころかむしろ後味はふくよかに。
そして自家製の無添加ガリとも合いました。

本当はサヨリのお寿司と合わせたかった(神の雫で試していた)のですが。
サヨリが売ってないー!魚屋さんに聞いたけど「今日はないです」ってー!

そういうわけであえて難しいイカとマリアージュさせてみた次第です。
うん、これはすごい。
しかしお得ビストロでグラスで出せる値段のワインではない(笑)
美味しんぼに然り、神の雫に然り、グルメ漫画は無茶が多い(笑)

次は何と合わせようかな。



私はインスタグラムで販売しているをの知ったので、こちらで購入。

KITADAYAバナー
115北田屋本店


近場の方はぜひ足をお運びください。
こんなお料理に合わせたい、という希望に合わせてワインを選んでくれます。




そのほかのお寿司のレシピもよかったら見てくださいね。



お漬物寿司





野菜がネタのお寿司です。
簡単に作れて見た目も鮮やか、ヘルシー。



カリカリお揚げのカナッペいなりずし





油揚げをカリカリに焼いて、酢飯を乗せました。
手でつまめておもてなしにぴったり。





よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!















今日のデグこ。


IMG_0746.jpg


ささげに踏みつぶされるあずき。
でも幸せそうです。
ささげはわれ関せずで何かを見ています。

インスタグラムで「下敷きシリーズ」と名付けていただきまして。

さっそく今朝新しい写真を撮らせてくれたわが子たち。




ではまた明日。
















関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top